charmy [チャーミー]

【保存版】いまさら聞けない…基礎化粧品の正しい使い方&役割大辞典

毎日のスキンケア、ちゃんとしてますか?

正しいスキンケアって、なかなか教えてもらえないので自分で調べたり、雑誌を読んで勉強したり…という女の子がほとんどだと思います。

しかも基礎化粧品に関しては種類も多いし、つけ方もちゃんとした順番があるのにぐちゃぐちゃになりがち。

今回はスキンケアの難関、基礎化粧品について種類や使い方、つけ方まで丁寧にレクチャーします*。

これさえ読めば、もう基礎化粧品はマスターできちゃいますよ!

基礎化粧品って、意外とややこしい…

image
引用:http://huuug.com

スキンケアの中でも女の子が一番手をかけなきゃいけない、でも意外と一番ややこしいのが基礎化粧品を使う手順。

洗顔が終わって、肌を守るためにするのですが、化粧水やら乳液やら…とたくさん種類がある上に、つけ方をちゃんと習う機会は少ないので、難しいですよね。

image
引用:https://kaumo.jp

今回はそんな基礎化粧品の種類やつけ方、役割をご紹介していきます♡

今日から基礎化粧品をマスターしてLet’s 美肌づくり*。

基礎化粧品の基本の【キ】

image
引用:http://weheartit.com

まずは基本中のキホン、基礎化粧品とは何か?、そして基礎化粧品の種類と役割をお勉強していきましょう♪

基礎化粧品とは?

image
引用:http://woman.mynavi.jp

基礎化粧品とは、【皮膚をすこやかに保って、肌質を整えるための化粧品】のこと。

リップやファンデーションといった自分を美しく変えてくれる化粧品とは違い、自分のお肌を整えるためにあるものです。

なので、自分の肌にきちんとフィットしたものを使うことがとても大切になってきます。

基礎化粧品の種類と役割

基礎化粧品には大きく分けて4つの種類に分かれます。
もちろんそれぞれで役割は異なっています。

1つずつチェックしていきましょう♪

① 洗顔料
image
引用:weheartit.com

洗顔料も実は立派な基礎化粧品の1つ。
洗顔料の役割はご存知の通り、【顔の汚れをしっかり落とす】役割があります。

敏感肌さん、オイリー肌さん、乾燥肌さんそれぞれにぴったりなものがあるので、洗顔料も意識して使うと美肌づくりに効果的です◎

②化粧水

image
引用:https://ciel-fashion.jp

基礎化粧品でも一番役割も名前も知られているのは化粧水ではないでしょうか??

化粧水の役割は【お肌の水分補給】です。
喉が乾くのとの同じように、お肌も乾いちゃうのです。
だからこそ、化粧水は美肌づくりのキモになってきます!

③美容液

image
引用:http://weheartit.com

基礎化粧品の中でも使っている人と使っていない人に分かれるのがこの美容液。
美容液は使い道や使い方が分かりにくい基礎化粧品ナンバーワンだと思います。

美容液とは、保湿成分や美白成分などの美容成分が濃縮して配合されているもので、高価なものが多い化粧品です。
美容液の役割は、【有効成分を肌に補給する】こと。

「しわを防ぎたい」「乾燥を防ぎたい」「シミを防ぎたい」などのはっきりした肌の悩みを解決するには美容液を使うのが一番!

④乳液

images
引用:http://news.mynavi.jp

乳液はミルクのような質感が特徴の、油分と水分どちらもふくんだ基礎化粧品です。
乳液の役割は化粧水や美容液の成分をお肌に閉じ込める蓋の役割をしています*。

乳液の種類は「保湿乳液」、「UV乳液」、「ティント乳液」の3つにわけることができます。
保湿乳液は一般的な乳液、UV乳液は紫外線をカットするなどの美白効果がプラスされた乳液、ティント乳液は、乳液の保湿効果に化粧下地としての役割を加えた乳液です。

あなたの用途に合わせて選んでみてくださいね♪

⑤クリーム

cream-194116_640
引用:http://www.tacophoto.com

乳液のみの人もいれば、クリームをさらに上に重ねる人もいるかと思います。
クリームは乳液よりもさらに油分が多く、密着度が高いのが特徴です。

クリームの役割は乳液と同じように、【肌に入れた水分や栄養分が逃げないようにフタをする】役割を持っています。

実践! 基礎化粧品の使い方

基礎化粧品の種類や役割がわかったところで、いよいよ実際に使っていってみましょう!

基礎化粧品の付ける順番

image
引用:http://hadalove.jp

基礎化粧品のつける順番をまずは確認しましょう♪
これを間違ってしまうと、役割が発揮されないので美肌になかなか近づかない…なんてことが起こっちゃいます。

基礎化粧品のつける順番は、
①クレンジング …メイクを落とす

②洗顔料 …肌の細かい隙間の汚れやクレンジングで落としきれなかったメイクを落とす

③化粧水 …肌の水分補給

④美容液 …肌の栄養補給

⑤乳液 …水分や栄養分が蒸発して飛ばないように油分でフタをする

⑥クリーム …乾燥肌の人はさらに重ねて油分補給をし、美肌成分を閉じ込める。

使うときの一工夫

それぞれの基礎化粧品には使う時にこうするといい!というコツがあります。

そんな秘密を大公開しちゃいます!

①化粧水を使う時の工夫 「手でつける」

化粧水をつける時は【手を使って】付けるようにしましょう。
その方が肌にとって優しいし、効率的に肌に浸透させられるからです。

image
引用:http://slism.net

コットンでつける方もいらっしゃるかもしれませんが、コットンだと繊維で肌が傷つけられる可能性もあるので、手で付けることをオススメします!

②美容液をつける時の工夫 「容器に書いてある分量をきちんと守る」

美容液は自分の肌の悩みをピンポイントで解決してくれるということでたっぷり使う人もいれば、高価なのでけちってしまって米粒大くらいしか使わない・・・という人もいるように、分量を守らない人が多いです。

image
引用:http://i-love-bihaku.com

付けすぎはシミの原因になってしまうこともあるし、付けなさすぎは効果が出ない・・・なんてことも。

1プッシュであれば1プッシュ、2プッシュであれば2プッシュと用法を守って使いましょう!

③乳液をつける時の工夫 「皮脂の多いところにつけない」

乳液は栄養や水分を肌に閉じ込めてくれる大切な役割があります。
なので、ベタベタと顔に塗りたくってしまう人もいます。

ですが、油分を含んでいるので皮脂が多く出るところにたくさん塗ってしまうと、かなりオイリーになってしまいます。

image
引用:http://i-love-bihaku.com

皮脂が多いTゾーンは特に注意しましょう。
これがひどくなると、毛穴の詰まりやひらきの原因になってしまいます。

基礎化粧品を使いこなして、目指せ美肌女子♡

いかがでしたか?

知らない人が多いうえになかなかスキンケアを見直す機会はないと思います。

正しい方法も見つけるのが大変なので、間違ったスキンケアや抜けている手順があったり、方法を間違えている人も多かったのではないでしょうか?

この機会にスキンケアを見直して、目指せ美肌女子♡

編集部からのおすすめ商品*

ここまで読んでくださったあなたに!

編集部からおすすめの基礎化粧品をご紹介します*。

編集部からは基礎化粧品の中でも肌の汚れをしっかり落とす【洗顔料】をご紹介。

その名も「どろあわわ」

乾燥肌、敏感肌の人にも優しい細かい粒子の泥でしっかりあらいます。
もちっとした泡と洗い上がりが好評の商品です!

是非一度お試しあれ♪

どろあわわ

肌の乾燥・くすみ・毛穴の目立ち・ハリ不足など肌のお悩みを”原因の根本から"解消します。なんとどろあわわは、全国売り上げNo.1、美容系ランキングNo.1、使い続けたいという声98%と圧倒的な商品力を誇っています。お試し価格2980円と、初めての方でも安心して使用できる価格です♡

公式サイトへ
【保存版】いまさら聞けない…基礎化粧品の正しい使い方&役割大辞典