日々の努力で手に入れる!!地黒さんが美白になる方法

sponsored link

私は地黒だから色白にはなれない・・・と思っている方はいませんか?
地黒
引用: http://maketruecolors.com

いいえ、美肌は自分の努力次第でてにいれことができるんです。
実は自分の本当の肌の色は頭皮の色なんだそう。
真っ白は無理だとしても二の腕の内側や、おしりの肌などの紫外線を受けていない本来の肌の白さまでは美白することはできます。

今回は地黒を色白にする方法をご紹介します。

まずは日焼け対策をしっかりとする

SONY DSC

SONY DSC

引用: http://matome.naver.jp

中高は部活動で外で運動していたのでそれもあって肌が黒かったが、引退してから少し白くなったという意見があります。
日焼け対策をこまめに続けていくことが美白への第一歩。
まずは効果的な日焼け対策を紹介します。

根気よく続けることが大事

美白 日焼け止め
引用: http://illust-imt.jp

日焼け対策をしてもぜんぜんすぐに美白にならない、とやめてしまった経験はありませんか?
紫外線対策は地道に続けないと効果がありません。
肌のターンオーバーは1か月前後。
すべての細胞が入れ替わるのには3か月程度かかりますから、少なくとも3か月は続けないと、効果を実感するのは難しいそうです。
紫外線対策というのは日焼け止めを塗ったり帽子や日傘を使って紫外線をブロックすることですが、正直面倒なんですよね。
でも、ここを面倒くさがらずに徹底することで、色白に近づくことができるんですよ。

すべての季節・すべての時間対策する

美白 時計
引用: http://evrica.jp

晴れている日はもちろん、曇りや早朝でもしっかり日焼け止め対策を行うようにします。
よく夏から日焼け止めをつけ始める人、曇りの日は日焼け止めをつけない人がいますが、そんな日焼け対策は意味がありません。

晴れの日の紫外線の量を100%とした場合には曇りの日は60~80%雨の日は20~30%これくらいの紫外線の量が降り注いでいます。
夏の紫外線が強い時期に曇りで過ごしやすいからといって日焼け止めをしなかったら結構焼けてしまいます。

必ず毎日日焼け対策をするようにしましょう。

ちなみに夜も紫外線がありますが、こちらは日焼け対策をしなければいけないほどではないので大丈夫です。

これがおすすめ日焼け止めの塗り方

美白 日焼け止め2
引用: http://www.skincare-univ.com
日焼け止めは、ただいい加減に塗るだけではいけません。
日焼け止めには、適正な使用量というものがあります。乳液やボディローションを塗る要領で塗るだけでは量が足りていません。

顔の場合で、500円玉程度の量が必要です。おそらく実際に塗ってみると、なかなか肌になじまずに「多い!」と感じる方が多いのではないでしょうか?

この量を塗るためには、一度でつけるのではなく2~3回に分けて重ね塗りする必要があります。
もしくは、あえてSPFの高い日焼け止めを使って一度塗りをするのがおすすめですよ。

☆SPFとは
美白 spf
引用: http://www.skincare-univ.com

SPFとはSun Protection Factor(サン プロテクション ファクター)の略で紫外線防御指数とも言います。
UVB波の防止効果を表す指標です。
紫外線を浴びた際にできる皮膚赤い斑点ができるまでの時間を何倍に長く出来るかを表したものです。
SPF30の日焼け止めを利用した場合、赤い斑点が現れる時間を30倍に延ばすことができるということになります。
具体例でいいますと、赤い斑点が現れるまでに20分程度かかる人がSPF30の日焼け止めクリームを塗った場合、20×30 = 600分。
約10時間程度の日焼け止めの効果が期待できるということになります。

sponsored link

美白 日焼け止め3
引用: http://curazy.com

ちなみに去年の日焼け止めが残っているから使うというのは要注意です!
日焼け止めの種類によっては時間が経つと日焼け止め効果が薄れてきてしまいます。
それ以前に開封してから1年以上たったものは、日焼け止めの成分以前に、製品そのものが傷んでしまっている可能性が高いので、日焼け止めはその年の内に使い切るのをオススメします!!

特に気になる!顔への日焼け止めの塗り方は?

美肌 顏
引用: http://illust-imt.jp
(1)お顔の場合は額2箇所、両頬2箇所、鼻、顎のように、少量を全体にいきわたるように置きます。

(2)指先で全体に伸ばします。

(3)均一に塗れたら、両頬の一番高いところに叩き込むように重ね塗りします。
※ 基本的には均一に塗ることが大切ですが、お顔の場合は特に日差しをうけてシミになりやすい頬の一番高いところは多めに塗っておくと効果的。

基礎化粧品にも気を付ける

美白の基礎化粧品を継続して使用する

美白 基礎化粧品
引用: http://girlschannel.net

常に基礎化粧品は美白化粧品を中心に使いましょう。
とくに紫外線を強く感じ始める3月ころから10月頃までは念入りに使うように心がけてください。
こちらも間に合わせで夏だけ使ったりしてもあまり効果は期待できません。

乾燥を避けて保湿を心がける

美白 保湿
引用: http://atopy.holy.jp

美白になるには保湿も大切です。
乾燥対策をきちんとしていれば、肌の状態が良くなり、美白スキンケアの効果も高くなります。
保湿も日焼け止めと同様に、乾燥対策も、乾燥が気になる冬だけでなく、1年中対策が必要なものなんです。

基本的には、朝晩の保湿スキンケアを徹底しましょう。
美白も大切ですが、クーラーや紫外線に当たることで乾燥が気になることもあるので、
入浴後は素早く3分以内には美白化粧水をつけるようにします。
使用している美白化粧品は全てしっとりタイプで保湿も気をつけるようにします。

まずは、手の平にとり手でパッティングを行います。
これを3~4回パッティングし忘れる個所がないように鏡を見ながら繰り返した後、
最後にコットンでまんべんなくさらにパッティングさせ、美肌成分がたっぷり肌に浸透させるようにしています。
※基礎化粧品はたっぷり使いましょう。

日中も保湿する

可能であれば日中も卓上のスチーマーを使ったり、保湿クリームをこまめに塗りなおしたりしましょう。

美白 保湿スプレー
引用: http://prtimes.jp

保湿スプレーもおすすめです。
保湿スプレーを使う場合は、しっかり手の平でプレスして水分を行き渡らせるようにしましょう。
スプレーするだけでは肌表面に水分が付着するだけで、かえって乾燥しやすい状態になるので気を付けてくださいね。

いかがでしたか?
すぐに色白になるのは無理ですが、毎日のコツコツとした努力で本来の自分の肌の色にすることは可能です。
是非美白を手に入れてください。

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です