いつも同じキスじゃ物足りない!恋人と仲を深めるキスの種類14選

sponsored link

いつも同じようなキスのやり方で

飽きてしまっていませんか?

 

キスは恋人と愛情を確認する大切な行為なので、

 

たかがキスだと思っていると楽しい時間を

知らないままでもったいないです。

 

 

実は、キスの種類は豊富にあるので、

今回はその中でもおすすめのキスの種類と

そのやり方をまとめてみました!

キス種類1

出典:http://www.knaf1.com/?p=314

キスはお互いの気持ちを確かめる行為

 

キスといっても、

その種類ややり方にはさまざまあります。

 

ソフトに行うキスもあれば、

ディープに情熱的にやるキスまで幅広くあります。

 

ただ、最初から激しくキスをしようとするのではなくて、

ソフトでやりやすいものから試して少しずつ

レベルアップしていきましょう。

 

 

この記事でも、あまりキスになれていない人から

やりやすいものからまとめました。

 

 

少しずつ、馴染みのないものやハードなものに

バリエーションが広がっていきます。

 

なので、あなたがやってみたいものや、

できそうなものから試してみてくださいね。

Sunset kissing couple.

Sunset kissing couple.

出典:https://jooy.jp/8483

恋人の中を深めるキスの種類14選

ライトキス

ライトキスは、キスの中で最も気軽にできるものです。

 

 

名前の通り、軽くできるものから、

恋人だけでなく家族や友人にあいさつとして

交わす場合もあります。

 

 

ポイントは、

軽くチュッと触れる程度にすることです。

 

キスをする場所は、唇や頬でもどこでも大丈夫です。

 

初めて相手とキスするのが恥ずかしい時に、

ちょっと試してみるのも良いですね。

キス種類3

出典:http://motejo.jp/single/kiss-scrounge-lover.html

プレッシャーキス

プレッシャーキスは、唇を閉じた状態で相手と

唇を合わせる最も基本的なキスです。

 

 

ポイントは、ゆっくり優しく唇を重ねることです。

 

 

キスに慣れていなかったり、

相手とファーストキスで緊張してしまうと、

 

ドキドキして唇がうまく重ならなかったり、

強くなりすぎてしまいます。

 

なので、相手との距離やキスのスピードを

気をつけてください。

 

 

どうやってキスをすればいいか分からないという場合は、

プレッシャーキスから試してみましょう。

キス種類4

出典:https://cocoloni.jp/tag/otokogokoro/page/5/

スタンプキス

スタンプキスは、口をお互いに開いて角度を

ずらさずに合わせるキスです。

 

上下にゆっくりとスライドさせて唇をこすり

合わせる感じで動かします。

 

そうすると唇がぷるんと振動するので、

とっても気持ち良いです。

キス種類5

出典:http://www.ca-girlstalk.jp/news_topic/30557

スライドキス

スライドキスは、

お互いの唇を上下に移動させるキスです。

 

ソフトとハードの中間ぐらいのキスなので、

キスとキスの合間に行うのに良いです。

 

お互いの唇を滑らせるイメージで

キスをやるのがポイントです。

 

相手とタイミングを合わせるのが大事で、

相手が顎を上げたら、

 

こちらが顎を引き、相手が顎を引いたら、

こちらは顎を上げます。

 

 

二人の仲が深くなってきて、

キスに慣れてきた頃にやると良いですね。

キス種類6

出典:http://smartlog.jp/15095/2

スメルキス

スメルキスは、

お互いの鼻をくっつけるキスです。

 

 

相手の匂いを嗅ぐ様子に見えることから、

スメルキスという名前になっています。

 

 

やり方は簡単で、自分と相手の鼻をくっつけて

目を見つめ合うだけです。

 

 

鼻が脂っこくなっていたり、

毛穴が汚れていたりすると雰囲気が台無しに

なってしまうので、

 

普段から鼻の手入れをしっかりしておきましょう。

 

いきなり唇を合わせるのは恥ずかしいという時は、

相手に顔を寄せて鼻をくっつけてみるのも良いですね。

キス種類7

出典:http://news.livedoor.com/article/detail/6311288/

カクテルキス

カクテルキスは、唇を開いた状態で相手の下を噛んだり、

唇を吸ったりするキスです。

 

実際に相手の舌まで触れるキスなので、

上級者向けのキスです。

 

その分、相手の舌や唇の感覚を感じることができるので、

かなり気持ちの良いキスです。

 

お互いの気持ちが高ぶっていることを感じながら、

じっくり楽しんでください。

sponsored link

キス種類8

出典:http://www.free-designer.net/archive/entry52764.html

インサートキス

インサートキスは、

お互いの唇を合わせた状態で舌を入れ合うキスです。

 

一方が舌を入れた時は、

もう一方が自分の舌で包みます。

 

交互にリズミカルに舌を入れ合ってやると、

すごく気持ち良くキスを楽しむことができます。

 

キス種類9

出典:http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp/article/1143388030996489001/page_2

オブラートキス

オブラートキスは、インサートキスより少し強めに

相手の舌を包むキスです。

 

 

インサートは舌を優しく触れて包むのに対し、

オブラートキスは相手の舌を吸うように包みます。

 

 

ポイントは、ソフトに包んだり、

ハードに包んだりすることです。

 

 

一定のリズムを崩して交互にお互いの舌を吸い合うことで、

ドキドキ感が高まります。

キス種類10

出典:http://biplan365.com/bi6881

サーチングキス

サーチングキスは、

相手の歯茎を舌でなでるキスです。

 

 

インサートキスのあとに、そのまま上の歯茎、

下の歯茎を優しくなでてあげます。

 

 

歯茎は神経が集中していて感度が高いので、

とても気持ち良くておすすめのキスです!

キス種類11

出典:http://kisscafe.club/kisscafe/2056

スパイダーマンキス

スパイダーマンキスは、

顔が逆さまの状態で行うキスです。

 

 

横になっている時や、一方が座っている時に上から

顔を逆さまにしてやることが多いです。

 

 

いつもと違う角度からキスをするので、

正面からやるキスとはまた違った感覚が味わえます。

 

 

いろいろな角度から試してみて、

お互いが気持ち良いと感じるやり方を

見つけると楽しいですね。

キス種類12

出典:http://woman.excite.co.jp/night/matome/sex/orgasm/

ピクニックキス

ピクニックキスは、

舌を口の外に出して合わせるキスです。

 

唇を使わない珍しいキスですが、

唇の外で舌を絡め合わせる少しディープなキスです。

 

 

舌を上下左右に絡めたり、

ちょっと相手の舌をなめたりするととても

気持ちよいです。

 

 

緊張するとついつい力んで舌が硬くなって

感度が下がるので、

 

できるだけリラックスして、

お互いの舌の柔らかさを感じられるようにしましょう。

 

キス種類13

出典:http://johnnydream.blog118.fc2.com/blog-entry-295.html

ニプルキス

ニプルキスは、ピクニックキス以外に

舌だけを使ったキスです。

 

相手の唇を舌で優しく舐めてあげるようにします。

 

ポイントは、リップを塗るように丁寧に全体に

柔らかく舌を動かしてあげることです。

 

口と鼻が近づくので、匂いも楽しむこともできます。

キス種類14

出典:http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp/article/1143388030996489001/1143388359662351701

バインドキス

バインドキスは、

お互いの唇を挟むようにするキスです。

 

あなたの下唇を相手の唇で挟んでもらい、

相手の上唇をあなたの唇で挟みます。

 

 

お互いの唇を挟んだ状態で、スライドさせてみたり、

舐め合ったりするとさらに気持ち良くなります。

 

 

お互いが顔や唇を動かすタイミングを合わせることが

ポイントなので、

 

相手と呼吸を合わせながら楽しめるキスです。

キス種類15

出典:http://biplan365.com/bi6881

スウィッグキス

スウィッグキスはお互いの唇を軽く噛むキスです。

 

甘噛みのように軽く唇をつまむような感じで、

顔を左右に少し振ります。

 

 

少し動かすのがポイントで、その時に相手の目を

見ながらやるとドキドキ感が高まります。

 

 

ディープキスの準備にもってこいのキスです。

キス種類16

出典:http://blog.livedoor.jp/beauty_reform/?p=25

いかがでしたか?

キスにもたくさんの種類があるのが分かったと思います。

 

 

いつもと違うキスを試してみることで、

今までと違うドキドキ感が味わえます。

 

ぜひ、さまざまなキスを試して気持ち良くなって、

お互いの気持ちを深めてくださいね。

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です