太る理由は”冷え”?冷えとりダイエットで太り知らずの体へ♪

sponsored link

冷えとりダイエットって知ってますか?
ダイエットしてるのになかなか効果がでない… なんて人は多いはず。

もしかしてそれ、あなたの体質が原因じゃないですか?
冷え性の自覚がある人は注意!

冷えとりをして、しっかりした痩せやすい体質を作りましょう!
冷え性改善とダイエットを同時にい行えちゃうのです❤︎

images-12
引用:https://encrypted-tbn2.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRtabigp4MaQIfKSeRO1pFoq94eVVT5K7x4lew4tfJ_u-ibDjcb

冷え性が太りやすい理由

“冷え症=脂肪量の少ないか細い女性”、そんなイメージを抱いている皆さん、今日から「冷えは太りやすい体質を作る」という認識に切り替えて!

images-13
引用:https://encrypted-tbn2.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRH8wW7WRluR2Sw650KeDMgGY2-5mJRLDwvn0DKxRPLssspXk69

代謝が下がり痩せにくい体質に

寒い環境や冷たい飲食物で身体を冷やしてしまうと、血の巡りが悪化し、その結果、全身に熱や栄養が行き渡らず、末端の冷えや代謝の低下を招きます。
寒さだけでなく、運動不足による筋力の低下や、キツい矯正下着での締め付けも血行不良による冷え症の原因になるので気をつけて。

基礎代謝の低い身体でハードな運動をしても、基礎代謝の高い人ほどにはエネルギーを消費できません。
身体の冷えと血行不良、痩せにくい体質は密接にリンクしているのです。

images-14
引用:https://encrypted-tbn2.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRNHy2XSiPHY0E80GYGZr-Wcqz1infezAtd0GH5xqfIGmyziEaIAg

下半身がむくむ

秋冬になると脚がパンパンという女性は要注意。血行が悪いと老廃物がスムーズに流れていかず、むくみとして外面に現れます。最もむくみやすいのは心臓から遠いふくらはぎ。

冷え症さんは体質的に痩せにくくなるだけでなく、美脚まで損なってしまう…というわけなのです。自力で流れていかない水分や老廃物は、マッサージで押し流してあげて。

images-15
引用:https://encrypted-tbn1.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcT5WYn0uaxck70Rhs8qmqbnRoUKYwL9cXqRULaQsa2vRibKWuT1

脂肪やセルライトの温床に

一時的なむくみも嫌だけれど、「冷えた部分には脂肪がつきやすい」というから尚更厄介。
老廃物が溜まり、血流が滞っているパーツは必然的に冷えてしまうもの。

冷えから自身を守るため、その部分に脂肪がつきやすい状態になります。
これが心臓から近い(=あたたかい)バストなどのお肉が落ちやすく、冷えがちな腰や脚ばかり太ってしまう理由の一つ。

images-16
引用:https://encrypted-tbn2.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRnmSCCrMZdsEfquWyclB2IXv5KdayrYE-VQv2_uN4AAfzbmdChKw

便秘になる

冬場になるとお通じが悪くなる、コロコロとした便しか出ないという女性は、冷え由来の便秘である可能性大!血行が悪化して冷えてしまうのは手足だけではありません。

内臓の血液循環が悪くなると、それに伴い腸の働きも低下します。これが「内臓型冷え性」からくる便秘。お腹を触った時に冷たいと感じる人は黄色信号です。

sponsored link

images-17
引用:https://encrypted-tbn2.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSVcknFmxU0Otrwn3Z6c4H-r6S5GNrQqtpk41TQKv5-bCHiBzdi

冷えとりダイエットのやり方

お風呂にゆっくり浸かる

お風呂にゆっくりつかり、たまには半身浴をして下半身を温めることを意識しましょう。
面倒だからとシャワーだけにしている人いませんか?
お風呂にしっかりつかってその日の疲れ、冷えをとりましょう!

images-18
引用:https://encrypted-tbn1.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcThOwKr7Bg6jV-KyT1A3Ezhl-bNHQCWXTov0d5H1Jn5Ew4BinkDzw

靴下重ねばき

絹5本指靴下→綿orウール5本指靴下→絹の先丸靴下→綿orウールの先丸靴下 
という順番で靴下を重ね履きします。
下半身を温めることで冷えがなくなり体が健康になるという冷えとり健康法の1つです。

足の裏にはつぼだけではなく、汗腺も多くあり、冷えとりで重要な毒出しも足から多く出てきます。
その毒出しをするために、半身浴で温めることが大事になってくるのですが、24時間半身浴するわけにはいかないので、半身浴と同じ状態を常に作るために靴下の重ね履きが効果的なのです。

images-19
引用:https://encrypted-tbn2.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSEUqKzN5_nN7VSCBz0TgV-dOksqhFWbPX2Fb_7fJy6YElx6DpyLA

足つぼマッサージ

三陰交(さんいんこう)

images-20
引用:https://encrypted-tbn1.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRuk0rCWB14XLDz683BOsMLWcendN1y2i05JSsXedUuFgtlO0Wz

足の内側にあるツボ。くるぶしの一番上から指4本分上(8~9cm上)、すね骨のすぐ後ろにあります。押すと軽い痛みを感じるところです。

左右の親指を重ね、少し痛いぐらい押す。息を吐きながらゆっくり10秒間押し、息を吸いながら10秒離す。 左右とも数回返します。温めるお灸が効果的ですが、熱めのシャワーを当て刺激しても◎

八風(はっぷう)

images-21
引用:https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQv3y-oYMVHYxH-SB_MWSPu7yscM1nIazrFugfTMU1QG7i2rZsSXg

足の甲にあるツボ。足の親指から小指までの、各指の付け根の間のツボです。 足の表と裏の境にあり、左右合わせると八つのツボがあります。

親指と人差指でツボをはさむように、足を上下につまんで強めに押し揉むみ、指先に向かって引っぱり話します。 1箇所についき10回程度行う。 または、足の裏側から各指の間に手の指を奥まで差し込み、そのまま足首をグルグル回すと、すべての『八風』を一度に刺激できます。 両方の足、8箇所揉みほぐした後、まだ温まらない場合は、もう一周続けましょう。

images-22
引用:https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQeGi2tITmjBXe070RohqEUaQw38eoRJgFnDOQcI9ee8DWBbWso

いかがでしたか?
冷え性を克服して、ダイエットしましょう!
冷えとりダイエットはずぐに効果がでるものではありません。

毎日少しづつ続けて冷えにくい体にし、効果が表れてきます。
でもまずはやり続けること!冷えとりダイエット挑戦してくださいね❤︎

本格的に痩せたい人は…

冷えを解消して痩せる体質を作るのも1つの方法ですが、本格的に痩せたいならプラスαでマシーンを取り入れてみましょう!

おすすめのボディケアマシーンは「ボニック」
最短5分でエクササイズができて、しかも使い方も簡単!

ながらエクササイズもできるので、スキマ時間にもぴったりです!

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です