超効果的な腹筋ダイエットトレーニングで美しいくびれを作りましょう♡

sponsored link

美しいウエストのくびれって女性の憧れですよね!

ただ、くびれに効く腹筋の運動は他の運動に比べ地味なものが多く、腕や脚などと違いトレーニング効果が出るのに時間がかかります。
そこで今回は、継続できる&即効性があるエクササイズをご紹介します☆
 

腹筋をするときに意識すること

Fotolia_26446915_XS
引用:http://www.happy-note.com/

腹筋のダイエットは、「効果がなかなかでない」「お腹は普段見えないからいいか」などといった理由でちょっと甘えてしまい、モチベーションが低くなりがちですよね。
そのため、一般的にエクササイズが続かない傾向にあります。

モチベーションを保てるうちに効果を早く出すために、守るべきポイントが2つご紹介します。
 

トレーニング中は常に腹筋を意識する

11019001556
引用:https://amanaimages.com/

腹筋のダイエットに限らず筋力トレーニング全般の原則です。

医学の分野でもいわれていることですが、使う筋肉を意識すると脳から送られる神経伝達物質の量が増えるんです!
これは、一流のアスリートも必ず行うトレーニングの基本。

使う筋肉を意識するのとしないのでは、効果が全く違います。必ず意識しましょう!

意識するために、大切なのは鍛える筋肉が「どこにあって」、「どう動くのか」を知っておくことです。
トレーニングするときはその場所と動き方を意識しましょう。
 

腹筋だけではなく、有酸素運動を取り入れよう

images (2)
引用:http://yusanso-diet.info/

「腹筋のダイエット効果が得られない」という場合、多くは腹筋の筋トレばかりに取り組んでいるというケースが目立ちます。

しかし腹部周りは内臓を守るという生物学的理由からも、「皮下脂肪」という脂肪組織がたまりやすい場所なのです。
腹筋を鍛えると同時に脂肪燃焼のアプローチもするのがベスト!

お相撲さんを想像してみてください。
彼らの筋肉量は一般人より段違いに多いです。しかしお腹はくびれてません。
それは、お腹をおおう脂肪量も多いからです。
くびれのあるスッキリした腹筋を手に入れるためには、有酸素運動で効率よく脂肪を燃やし、そして腹筋を鍛えていくやり方が理論的です。

ちなみに有酸素運動という場合、ちょっと汗ばむ程度の軽い運動で20〜30分以上を目標にします。
これはエネルギーとして脂肪が燃焼し始めるためには15〜20分は必要だという生理学的理由に基づいています。
 

簡単でお手軽★腹筋ダイエットのやり方

superthumb (4)
引用:http://weheartit.com/

腹筋ダイエットをしたくても、ついつい「仕事が忙しい」「家に帰ったらゴロゴロしたい」という誘惑に負けてしまいがち。
「しっかり時間をとってやらないとダメだ!」と考えると長続きはしません。
大事なのは、効果があり続けられるエクササイズに取り組むことなのです。

sponsored link

普段の生活に取り入れやすい簡単なエクササイズを教えます!
 

毎朝一駅分歩きましょう

large (18)
引用:http://weheartit.com/

「うーん、毎日歩くねぇ、、」という人もいるかと思いますが、辛いのは最初の3日程度です。
3日乗り切ると慣れてきて、習慣化してしまうと歩くのが楽しくなりますよ。

歩く目的は、20分以上の有酸素運動を取り入れるためです。
これは、脂肪燃焼に火をつけることが目的です。

燃やし始めれば通勤電車や最寄り駅からオフィスまで、移動するたび脂肪は燃えます。
「すでに毎日20分以上歩いているよ」という方は、そのまま継続してくださいね♡
 

電車の中は、つま先立ちをしよう

bitxt4a
引用:http://matome.naver.jp/

しっかり背伸びをする必要はありません。5cm程度かかとをあげてください。
バランスを取るために腹筋が収縮します。適宜休息を入れながら行ってください。

電車が急停止などすると危ないので、つり革をちゃんと持ってくださいね!

つり革がない場所では!?という方、腹筋にグッと力をいれるだけでもダイエット効果があります。
アイソメトリック(関節を動かさないで力を入れる運動法)という運動法です。
6〜10秒間力を入れて、3〜5セット行いましょう。

息を止めずに行ってください(あくまでも有酸素運動です!)。
 

ハードな腹筋の休憩中にもくびれをメイクする方法

large-1
引用:http://weheartit.com/

ハードな腹筋エクササイズを終えて、ちょっと一休み。
その時間にもウエストをきゅっと絞れたらいいなと思いませんか?

ダイエットの合間にごろごろしたいときには、あてるだけでボディケアができるマシーン「ボニック」を有効活用するのがおすすめ。

EMSと超音波のパワーで、普段なかなか使わない筋肉にも直接アプローチしてくれるこのマシーン。
ただ電源を入れて気になる箇所に数分間あてるだけだから、リラックスしながら毎日続けられます♪

今日はちょっと疲れちゃったから腹筋したくないなあ…なんて日にも、ボニックがあれば罪悪感ナシ!

お手軽グッズも上手に取り入れて、息抜きの日を作りながら継続してきれいなおなかを手に入れましょう♡

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です