食べる順番ダイエットは毎食できる!やらない手はありません。

sponsored link

食べる順を変えるだけ、そんな食べる順番ダイエット、毎食できるからダイエッターならマストです。でもご飯のパターンはいろいろです。それでも順番を見極めるには基本のルールをしっかり押さえることが大事です。 

背中
出典;http://weheartit.com

食べる順番

食物繊維を一番初めに食べ、次にスープ類、次にタンパク質、最後に炭水化物を食べる、という順番です。

食材で言うなら、

最初に野菜

ズッキーニ
出典;http://weheartit.com

次にスープ(又はお水)

味噌汁
出典;http://weheartit.com

次にお肉・豆腐、豆類

肉
出典;http://weheartit.com

豆腐
出典;http://weheartit.com

最後にご飯・パン、

クロワッサン
出典;http://weheartit.com

白米
出典;http://weheartit.com

野菜と汁物をに言う説明もあります。

ブランコ
出典;http://weheartit.com

sponsored link

どんな効果があるのか

お腹
出典;http://weheartit.com

ダイエットで必要なのは、血糖値を上げないようにすること、摂取カロリー消費カロリーより少なくすることです。

食べる順番ダイエットで行っているのは、食物繊維と水分で満腹感を感じることで摂取カロリーを減らし、それらを先に摂ることで次に摂るたんぱく質からのカロリーの吸収や炭水化物からの血糖値の上昇を抑える、というものです。

どちらもダイエットに有効であることは間違いありませんね。

どのくらい時間を開けるべきなのか

食べる順ダイエットでは順番がですから、食べる順に消化が進んでいくことに意味があります。

早食いで結局「一気に食べているのと変わらない」のでは、あまり効果が期待できません。

事実、食べる順番ダイエットを勧める説明では「30回以上噛むこと」を上げていることも多いのです。

ある説明では「コース料理のお皿を待って食べるくらいの速さで」とされています。

ゆとりを持って、順番が明確になる様に食べるべきなのでしょうね。

満腹中枢が働き始めるのは、食べ始めてから20分かかる、と言われます。

最初の食物繊維(野菜)とスープ類(又はお水)、蛋白質(お肉・豆類)までで、20分かけたいですね。

すると自然と炭水化物の摂取が少なくなるということになるはずです。

お弁当
出典;http://weheartit.com

食べる順番ダイエットの注意点

「食べる順番ダイエット」では「カロリーは全く気にせず食べて良い!」かのように紹介されている場合がありますが、そんな夢のようなダイエットはありません
 確かにこのダイエット方法は、“太りにくく痩せやすい食事方法”です。
しかし、カロリーを全く気にせず食べて良いなんてことは決してありません。

パンケーキ
出典;http://weheartit.com

普段と量を増やさずに食べることを意識するのはもちろんですが、この順番でゆっくり食べることによって早目に満腹感を得ることができたら、最後の炭水化物まで行かなくても食事を終了します。

ポテト
出典;http://weheartit.com

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です