ハイヒールの歩き方は大丈夫?綺麗に痛くなく歩くための3ステップ。

sponsored link

ハイヒール、綺麗にはけていますか。ひざ下の長い欧米人のための靴だから日本人は綺麗に見えない、とあきらめる必要はありません。ハイヒールの選び方、履く前の準備、歩き方を解説。ハイヒール、さらっと綺麗に履きこなし!です。

歩く
出典;http://weheartit.com

ハイヒールの選び方

サイズに合うものを選ぶ

サンダル
出典;http://weheartit.com

ハイヒールは普通の靴よりずっとフィット感が大事です。かかとがパカパカしながら歩いていると歩きにくい上に、なんともみっともないです。靴ずれが嫌だからワンサイズ大きめを買うのはお勧めできません。靴の中で足が動き過ぎるのは、ハイヒールでは転ぶ元です。
もちろん、窮屈すぎる場合も論外ですね。

自分の足のサイズはわかっているつもりでわかっていないことも多いです。デパートなどでシューフィッターサービスしてくれるところも多いですから、サイズをきちんと測ってみることもお勧めです。

フィッたー
出典;http://hot.tokyu.co.jp

両足で試し履き

片側の靴だけでサイズ合わせをしている人を見ることがありますが、人間の足のサイズは左右で違いがあります。 必ず両方履いて左右のフィット感を確かめるようにしましょう。

猫足
出典;http://weheartit.com

歩いてみる

履いただけでは、クッション性やソールのしなり具合、前滑りの有無といった履き心地を確かめることはできません。またデザイン・木型によっては、歩いた時に足に当たる部分があったりします。ショップの中を少し歩いてみましょう。
座る、立ちあがる・歩くを何回かしてみることもお勧めです。

花柄
出典;http://weheartit.com

足のむくみを考慮する

足は夕方なるとむくみやすいので靴は夕方に買えと言われています。ただ、体質によっては朝方にむくみがでる人もいるようですから、自分の体質を知ったうえで、足のむくみを考慮することが必要です。

くろ
出典;http://weheartit.com

ハイヒール初心者はストラップ付き

足首にストラップや、甲を止めるベルトがついた靴をおすすめします。ストラップやベルトがついていることで、足と靴底が固定され、 歩くときでも浮かずに脱げるのを防止してくれます。
足に抑えが無いパンプス、ことに最近の足長効果を狙った足指ぎりぎりまで開いているものは、歩き方をマスターしてる上級者向きです。

最近はやりのアンクルストラップシューズも可愛いですね。

パンプスを履かなくてはならないのであれば、ストラップの代わりになるハイヒール・バンドを利用するとよいでしょう。

ハイヒールバンド
出典;http://weheartit.com

細いヒールより太いヒール

ふとヒール
出典;http://weheartit.com

当然ですが太いほうが安定感があります。まず太めから始めましょう。最近はチャンキーヒールとして流行してきていますから買いやすいです。
また、ウエッジソールなら、土ふまず部分までつながっている形で、すごく安定感があって履きやすいです。ウエッジソールはカジュアルなものが多いように思いますが、探せばエレガントなものも見つかります。

ウエッジ
出典;http://store.shopping.yahoo.co.jp

ヒールは7センチまで

足がきれいに見えて、歩くのにも負担が少ないギリギリの高さが7センチ、と言われます。エスコートされて、ドアtoドアのお出かけでない限り7センチまで、とあまり欲張らないほうが無難です。

sponsored link

結婚式などのホテルの会場内だけで履くつもりのパーティシューズやオペラシューズなら、それ以上でも頑張れるかも・・です。

蘭ウエイ
出典;http://weheartit.com

ハイヒールを履く準備

どんなに選んで買ったハイヒールでも、最初のうちしばらくは足に当たる部分があります。

ひょっとして超高級品のハイヒールならそうでないかもしれませんが残念ながら私は出会ったことがありません。

逆に全然当たるところが無いような靴は、歩くたびにパカパカ靴が浮いてしまってとてもきれいには歩けません。

沢山
出典;http://weheartit.com

きちんとあったサイズの靴ならしばらく履いていると足にフィットしてきます。
でも痛いのは嫌だし、綺麗な新しい靴でお出かけしたいですよね。

そのために、私のお勧めは、靴ずれ専用バンドエイド!です。

ブーツヒール
出典;http://weheartit.com

靴ずれ専用バンドエイドの使い方

買いたての靴を履いて、少し外を歩いてみましょう。3分歩けば充分です。靴を脱ぐと、靴が少しでも当たった部分は赤くなっているはずです。
そこに、先にバンドエイドを張っておくのです。私は痛くなりそうな部分には重ね張りしておきます。
実はこれは私が社交ダンスをして新しいシューズを下した時には絶対やることなのです。
きっちり張っておけば、新品・きっちりのダンスシューズで何時間も踊りまくっても大丈夫!(体験済み)なのです。
もちろんストッキングの下に張って後にストッキングをはきます。

専用バンドエイドはこれです。

ソルボ
出典;https://www.sorbo-japan.com

これは傷用ではなく靴ずれ防止専用のバンドエイドです。絶対に先に張っておくのが条件です。靴を履く時にバンドエイドの端がめくれてしまうとかえって痛くなります。履くときは丁寧に履きます。
  

歩き方

基本の歩き方

まずは、基本の歩き方を見てみましょう。歩き方がすごくよくわかります。

YouTube Preview Image

出典;https://www.youtube.com

綺麗な歩き方は、後ろから見るとお尻がきゅっと上がり足が長く見えます。
膝は内側ですが、つま先少し外に向かっています。
足だけで歩くのではなく腰からあげる気持ちで歩きます。
身体全体(特に肩部分に注目)はまっすぐ綺麗に保たれて、腰が優雅に上下するのがわかると思います。
これは普通の歩き方ですから、かかとがほんの少しつま先より先に付いていますね。

ハイヒール用歩き方

ハイヒールだともっとつま先を意識した歩き方になります。

YouTube Preview Image

出典;https://www.youtube.com

ハイヒールの時は、つま先から着地、です。つまり、つま先が届くところより大きな歩幅では歩かないということです。
足を曲げるのは、足を前に出す時だけです。
足が伸びていなくては、美しくありません。
前の足の膝の後ろを、後ろからの足の膝の内側半分がこすりながら通過していきます。
ハイヒールをはいて、膝が曲がっているのはNGです。

基本の歩きかたで説明されているように、脇を絞るつもりで腰を持ち上げながら歩くと肩は揺れず、足がまっすぐに出ます。

この歩き方をすれば、胸とお尻がツンと突き出てお腹はキュッとへこむので、女性らしい綺麗な姿勢になれますよね。

ヒールを履いて歩く時の意識

ベージュ
出典;http://weheartit.com

頭の位置を高くする事を意識する
目線を遠くにキープする
背筋をまっすぐ伸ばし、胸を張る
つま先が先に地面に着くように歩く
直線上を歩くように意識する

このコツを守れば、安定した姿勢で綺麗に歩く事ができます。

もこ
出典;http://weheartit.com

ブーツも可愛いですけどね。

スニーカー
出典;http://weheartit.com

もちろんスニーカーも!

参考;http://lier.jp

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です