角質ケアの3つの注意点と4つの正しい方法で生粋の美肌美人に♡

sponsored link

ひじやひざの黒ずみ・カサつきであったり、顔のくすみであったり…
そんなお肌のトラブルはありませんか?

これらの原因はズバリ、「角質」です!!
角質をケアして、すべすべお肌を手に入れましょう*。

この記事を読めばあなたも角質ケアの達人に大変身しちゃいます!

▼よく聞く「角質」って何?

201334182845
引用: http://www.therapis.jp/contents/upload-images/201334182845.jpg

角質という言葉はよく聞きますが、実際角質の正体を知っている人は少ないのではないでしょうか?

まず皮膚の構造を理解しましょう。
皮膚は表皮・真皮・皮下組織の3層で構成されています。

そのうち表皮の部分の一番上の層にある皮膚が角化したものが「角質」と呼ばれるものです。
角化とは皮膚が硬く変化していくことで、皮膚の持つ大きな特徴の一つです。

illust02
引用: http://www.kanac.net/topics/skin01/img/illust02.gif

表皮の一番下の層で生まれた細胞はどんどん下から表面にいき、角質になります。
この一連の流れでだいたい28日間かかります。

また、CMや雑誌などでよく聞く『ターンオーバー』とは、角化した細胞(角質)が垢となって剥がれ落ちるサイクルのことを言います。

角質とは、皮膚の細胞の核がなくなった、いわゆる死んでしまった細胞たちです。
これをまずしっかり理解することが角質ケアの第一歩!

▼角質ケアをするとどんないいことがあるの?

167
引用: http://www.future-labo.com/layout/fl/column/img/167.jpg

角質を取り除くと、いいことがたくさんあります。

①がさがさ肌がすべすべになる
②硬くなっている肌が柔らかくなる
③肌のくすみなどを改善する

など、美肌に近づくことができます。

▼角質ケアの注意点!

pixta_7056619_S1
引用: http://antiaging.akicomp.com/wp-content/uploads/2012/06/pixta_7056619_S1.jpg

角質は不要な角質と必要な角質に分かれています。
不要なものはきちんと取り除き、必要なものは取り除かないようにするのが角質ケアで重要な部分になってきます。
これを間違ってしまうと美肌どころか、肌トラブルの原因になってしまうのです…!!

角質ケアの注意点をこちらにまとめてみました。

必要な角質と不要な角質を知る

Cuidados-de-la-piel-para-despues-de-las-vacaciones-e1396850899971
引用: http://rosamayumi.com/wp-content/uploads/2014/04/Cuidados-de-la-piel-para-despues-de-las-vacaciones-e1396850899971.jpg

まずは必要なものと不必要なものがあるということを知っておきましょう。

先ほど説明したターンオーバーが正常に働いていると、角質の層ができることでこんないいことがあります。

①きれいな肌をキープできる
001-13-127-18-810
引用: http://googirl.jp/img/14/05/1405148top.jpg

②角質層によって外部刺激から肌を守ってくれる
20070511061216
引用: http://blog-imgs-11.fc2.com/c/e/l/cellnutrient/20070511061216.jpg

ということは、角質が死んでいる細胞だとしても、すべて取り除いてしまうことは自分の肌にとってあまり良くないことなんです!
しっかり役割があるので、そこも知っておきましょう。

556011fa1ae2604e48103d73e577ee51-1024x682
引用: http://hada-karte.com/wp-content/uploads/2014/03/556011fa1ae2604e48103d73e577ee51-1024×682.jpg

sponsored link

しかし、角質がはがれ落ちず残ってしまうと角質層にどんどん積みあがっていきどんどん分厚くなっていきます。

ひじ・ひざ・かかとは角質層が分厚くなりやすく、ケアをしないとすぐにカサカサになってしまいます。
ドラッグストアなどでもひじ・ひざ・かかと系の角質ケア商品がたくさん見られますよね。

なので、すべて残すのではなく、必要なものを残していらないものは取り除くのが大切なのです*。

角質を取りすぎないで!

w621_61
引用: https://cdn.locari.jp/web/images/p/post_element/picture/208791/w621_61.jpg

角質を取ると美肌に近づけるということでついつい角質を取りすぎてしまう…
そんな人もいるかもしれません。

肌が赤くなったり、ヒリヒリする、触ると痛いといった症状がある場合は角質を取りすぎている可能性があります。
このような症状が出た場合には保湿ケアをしっかりと行いましょう。

間違ったケアはさらに角質をためてしまう?!

concept of cosmetic skin care.  face of young woman with dry skin
引用: http://girls-beauty-style.net/wp-content/uploads/2014/10/20141009-143751.jpg

角質がたまる主な原因は肌の乾燥や摩擦。
角質ケアをすると一皮むけた状態と一緒なので、非常に乾燥しやすくなっています。
そのためあまりにケアしすると、乾燥が激しくなり角質がたまりやすくなってしまうのです。

▼正しい角質ケアの方法

部分ごとに正しい角質ケア方法があるので、それぞれの部分に合わせた角質ケアを行うように心がけましょう♪
正しいやり方を知って、美しい美肌を手に入れましょう!

顔の角質ケア

390989
引用:http://www.c-pon.com/esthe/shop/9885/coupon/

顔の肌は薄くてデリケートなので慎重にケアしていきましょう。

顔の角質ケアは

①ピーリング
②パック
③スクラブ洗顔
④シェービング

の4種類が主なケア方法になります。

ピーリング・パック・スクラブ洗顔は肌になじませて洗い流したり、タオルで拭き取るだけでできるケア方法なので、セルフケアとして自宅でできます。

シェービングに関しては、プロのエステティシャンにやってもらうことをおススメします。
カミソリの刃が市販のものとプロのもので全く違うので、ぜひお肌のためにもプロにやってもらいましょう!
うぶげもなくなるので、肌に透明感が出て、化粧ノリもよくなります♪

28日周期でターンオーバーするので、一カ月に一回程度おこなってください。
また角質ケアをした後はいつもより念入りに保湿をしっかりしてください!

ひじ・ひざ・かかとなどのボディの角質ケア

ボディの中でも角質のたまりやすいひじ・ひざ・かかとのケア方法をそれぞれまとめました。

かかとの角質ケア

m_091
引用:http://www.karada-aging.jp/sign/beauty/body13

かかとは一度角質がたまるとなかなか厄介。
かかと専用の角質除去やすりで削ってケアします。

お風呂上がりの柔らかいお肌の時にやすりで削ってください。
削り終わったら軽くマッサージしてクリームで保湿して乾燥を防ぎましょう。

ひじの角質ケア

index
引用:http://sh9.jp/?p=916

ひじは人目に付く機会が多い部分なので、女子ならケアしておきたいところ。

コットンに化粧水をしみこませてひじにぺたっと貼ります。
そこから5分ほど置いて角質部分を柔らかくします。
その後スクラブをひじにつけてくるくるとまわしながら優しくマッサージします。

最後に洗い流して保湿してあげてください。

ひざの角質ケア

w621__E3_82_80_E3_81_8F_E3_81_BF
引用:https://locari.jp/posts/10606

ひざもひじ同様人目につきやすいポイントなのできちんとケアしておきましょう!

ひじの角質ケアと同じように、コットンに化粧水を含ませて角質を柔らかくしてからスクラブでマッサージします。
保湿ももちろんしっかりしてあげてくださいね♪

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です