眉メイクの基本をおさえる!自眉毛を保存してナチュラル美人に。

sponsored link

眉毛メイクは顔の額縁作りです。顔全体のイメージを作ります。あれこれやりたいメイクはあるけれど、まずは基本の眉毛を綺麗に作って、そこから全体のメイクを考えるべきなのです。眉毛メイク基本テク、おさらいしましょう。

眉いろいろ
出典;http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp

眉毛はいったん剃ってしまったり、抜いてしまうと生えてくるまでに時間がかかったり、元通りの眉毛にならない事もあったります。ことに無理に眉毛を抜くことをずっと続けていると生えなくなってしまうこともありますから要注意です。
ふと気がついた時に麻呂眉になってしまっている…。

まろ
出典;http://www.google.co.jp

そんな事態は避けたいものですね。そんな事が起こらないナチュラルな眉カット&メイクを身につけてましょう。今すでにマロっぽい・・なんて人は、ここまでは触らない、という部分をチェックするのにも役立ちます。
確認してくださいね。

眉カット

自然な形にカットをしておく事で、メイクをするときの手間も、メイク直しの手間も大きく減ります!また、衝撃のすっぴん、なんて悲しい事態も避けられます。上手に自眉毛を整えておきましょう。

毛流を整えます

スクリューブラシで毛の流れを整えます。
眉頭から眉山まではに向け、眉山から眉尻までは下に向かって梳かします。

眉毛に変なクセがついているようであれば一度毛の流れに逆らってから梳くと毛の流れが整います。

がっつり
出典;http://weheartit.com

綺麗眉を書く

眉頭・眉山・目尻のポイントをチェックして、こうならいいな、という眉の形をかきます。

眉を左右対称に……というと、眉山を揃えることが大切と思われるかもしれませんが、眉山は表情によって動く場所なので、多少そろっていなくても大丈夫なのです。それよりも視線が集まる顔の中心、眉頭を揃えた方が、左右対称に見えます。描く前に、あなたの左右の眉頭の高さをチェックしておきましょう!

無題
出典;http://allabout.co.jp

眉頭   眉を左右対称に見せるところ。位置をしっかり決めましょう。

眉山   黒目の外側の延長線上にくるのが目安です。

眉尻   高さは眉頭と同じくらいです。
     小鼻のわきと目尻を結んだ、延長線上にくるのが基本のかたちです。少し短い方が、今風になります。

こういう形をめざして、アイペンシルで眉頭から描き始めます。カットのためですからアイペンシルでがっちり描いてしまいましょう。変だな、と思ったら面倒がらずに書き直しをします。カットが綺麗にしてあると、これからがうんと楽になります。

化粧品
出典;http://weheartit.com

外れているところは抜く

まぶたの毛など基本ラインから外れる毛は抜いてしまってもOKです。

毛の流れに沿ってそっと毛抜きでひっぱります。肌に沿わせて引っ張る感じにすると自然に抜けます。あまり痛いのは毛流に沿って抜いていない証拠なので、抜く方向を変えてみましょう。無理やり引っ張るのはお肌も痛めますし、眉毛も生えてこなくなります。
他の形の眉にしたくなった時に困ります。丁寧にしましょう。

もちろん、抜き過ぎには注意です!

nuku
出典;http://howto-beauty.com
 

長すぎる所はカット

眉ばさみを使って基本ラインからはみ出る、長過ぎる毛の先端をカットします。指で上から押さえて、基本線からはみ出る毛先は長すぎる、としてカットしてしまいます。あまりきっちりまっすぐに切ると、不自然な印象になります。パチッと一度で切らずに、少しずつ切ると自然なバラツキが出ます。
少し手間なようですが、時間をかけて丁寧に仕上げましょう。

kiru
出典;http://howto-beauty.com

眉山周りもカット

眉山の周りに生えた産毛は眉ばさみで根元からカットします。
眉尻のカーブは額の生え際と平行になるように意識すると自然で顔になじむカーブができます。

ubu
出典;http://howto-beauty.com

sponsored link

これで、綺麗に自眉毛が整いました。最初にアイペンシルで描いた基本眉は消しましょうね。

眉毛描き

眉毛カットで最初に書いた綺麗眉に沿って描いていきます。ただし、眉毛をメイクとして本当に描く時は、眉頭からぐるっと描いていくと不自然な眉が出来上がります。3段階で順番に描いていって自然な眉を目指します。少し描きにくいのですが、順番と使う道具を守るとナチュラルに出来上がります。

眉尻

アイペンシルで眉尻から描いていきます。眉頭から描きたくなりますが、絶対に眉頭をペンシルで描いてはいけません。

眉尻
出典;http://allabout.co.jp

自眉毛の足りない部分を書き足す気持ちで描きます。眉毛の線を引く、というつもりではなく、眉毛を一本一本追加していく気持ちで描きましょう。濃すぎると不自然になるので注意しましょう。目指すはナチュラル眉毛、ですからね。

眉中央をブラシで

次に、先が三角になったブラシを用いてパウダーで描きます。眉頭をパウダーで仕上げると「描きました」感が無くなります。

三角ブラシ
出典;http://allabout.co.jp

まずは、眉尻から眉中央の間を、行ったり来たり2往復して、次に、眉中央から眉がしらの間を2往復します。

パウダーは付け足さず一気に描きます。こうすることで、自然に眉尻は濃く、眉頭は薄くなって、グラデーションによる立体感が生まれます。眉頭がほんのりしていることがナチュラル眉の条件です。

ブラシは三角になっているとすごく描きやすいです。道具は大事です。一本持っておくとずっと使えます。

ななめ
出典;http://www.kobako.com

眉マスカラをつける

描いた眉とと自眉の色が違う時は、眉マスカラで色を調整します。髪の毛とトーンを合わせると綺麗ですね。

板の
出典;http://topicks.jp

つける前に、余分なマスカラ液をティッシュで軽くとります。これをしないとダマができやすくなるので注意です。眉毛にダマが付きは、残念です。

眉毛の両面につけましょう。まずは眉尻から眉頭にむかってマスカラをつけていって、次に眉頭から眉尻にむかって付けます。

眉ますから
出典;http://allabout.co.jp

こうすることで、眉毛の表裏にムラなく付けることができます。

位置を揃える

片方の眉を描いた後に、眉頭の下のラインを左右対称にそろえて、反対側の眉も同じ手順で描きます。
眉頭の下のラインがそろっていれば、他が少しずれていても、対称に見えますから大丈夫です。

位置合わせ
出典;http://allabout.co.jp

まずは下のラインをそろえてから、もう片方の眉を描きはじめましょう。もちろん眉尻から・・です。

描くの眉はこんな風です。

前
出典;http://allabout.co.jp

出来上がりはこんな風です。すっきりとしていて、自然な仕上がりできれいですね。

後
出典;http://allabout.co.jp

まとめポイント

美しい眉の条件は左右対称であることです。対称に見せるコツは眉頭をそろえることです。眉頭の下の位置合わせをしっかりしましょう。

アイペンシルは眉尻のみに使い、その他はパウダーで描くのが自然に仕上げるこつです。
やや短め、やや太め、まっすぐ目のナチュラル眉が今風の眉です。

ベンチ
出典;http://weheartit.com

目指すのは、かわいく、ふんわり、ナチュラルな眉毛ですね。

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です