パワースポットへおでかけ、今日、都内で。目的は仕事運アップ?出会い?癒し?

sponsored link

パワースポット、いろいろ目的がありますが、気持ち良くなるところ!っていうのが一番大切なポイントかも!ですね。今日、いまから行きたい!と思って、すぐ行ける都内のパワースポットをピックアップました。エネルギーチャージしましょう。

仕事

愛宕神社

愛宕 本殿
出典;http://www.tamuranews.com  

日比谷線「神谷町駅」より徒歩5分
銀座線「虎ノ門駅」より徒歩8分
都営三田線「御成門駅」より徒歩8分
JR 「新橋駅」より徒歩20分

愛宕神社は、慶長8年(1603年)の創建です。これは、江戸に幕府を開くにあたり、初代将軍の徳川家康が、防火の神様として祀ったのが始まりだそうです。

愛宕神社の総本社は京都にあり、火伏せ(防火)の神様として知られています。

この神社の注目は出世の石段です。

出世階段
出典;http://www.tamuranews.com

右側の緩やかなのが女坂の石段、急なの方が男坂の石段「出世の石段」と呼ばれています。

「出世の石段」と呼ばれているのかというと、江戸時代の故事にちなんでいます。

寛永11年(1634年)の春のある日、3代将軍の徳川家光が徳川家の菩提寺である増上寺のお参りに行った帰りに、この石段の前を通りかかります。
それで、石段の上には梅が満開で、それを目にした家光は「誰か、馬にてあの梅を取って参れ」と、今なら完全にパワハラでアウトなムチャぶりを家臣たちにします。

ウメ
出典;http://weheartit.com

もちろん、こんな急な石段を馬で登ったら、一歩間違えば人馬もろともにすってんころりんして、下手をすれば命も落とすことにもなりかねませんので、みんな一様に下を向いて黙り込んでいました。 あまりに情けない家臣の様子に家光もイライラしていたところ、一人の男が馬で石段を登り、見事に梅を取ってきて、家光に献上しました。
家光はその男のことを知らなかったのですが、讃岐丸亀藩(今の香川県丸亀市)の家臣の曲垣平九郎(まがき・へいくろう)という男だと知らされ、家光は感心して「日本一の馬術の達人」と称え、日本中にその名を轟かせるようになったのだそうです。

ということで、この石段を上がると、出世ができるということです。

愛 狛犬
出典;http://www.tamuranews.com

その時の梅の木も現存しています。

石段は苦手な場合は、愛宕神社前交差点のすぐのところに、トンネルがあります。これが、愛宕山を掘り抜いた「愛宕トンネル」です。トンネルの脇には、「愛宕山エレベーター」があります!お年寄りや足の不自由な方、急な石段を登りたくない方は、こちらから愛宕神社に行くことができます。

参考;http://www.tamuranews.com

縁結び

アイ
出典;http://weheartit.com

代々木八幡宮

代々木拝殿
出典;http://ameblo.jp

〒151-0053 渋谷区代々木5-1-1
03-3466-2012

小田急線「代々木八幡駅」下車、徒歩5分

御祭神は、応神(おうじん)天皇です。
「厄除開運」の神さまとして全国で鎮守の神として祀られていました。
「安産」「子育て」「家内安全」「怨霊退散」「渡航安全(交通安全)」などに良いです。
隠れた縁結びで注目の名スポットだそうです。

ご朱印帳が素敵と人気です。

代々木朱印
出典;http://ameblo.jp

参考;http://ameblo.jp
 

今戸神社

今 拝殿
出典;http://www.cocorila.jp

東京都台東区今戸1-5-22
電話:03-3872-2703
参拝時間、24時間

各浅草駅より徒歩約15分。

浅草駅から台東区循環バス『北めぐりん』、または都営バス東42乙系統に乗車し、リバーサイドスポーツセンター前停留所下車・徒歩1分。または浅草駅などより都営バス東42甲系統・浅草七丁目より徒歩3分。

祀られている神様は、應神天皇(オウジンテンノウ)、. 伊弉諾尊(イザナギノミコト)、伊弉冉尊(イザナミノミコト)、福禄寿(フクロクジュ)です。
「古事記」の中で初めて結婚した男女の神である「イザナギノミコト」と「イザナミニノミコト」が祀られていることから 縁結びのご利益を求めて多くの婚活中女性が訪れています。

また、今戸神社がある今戸地区は江戸時代に初めて招き猫が作られた場所であり、その招き猫にあやかり男女ペアの招き猫が有名です。
猫2匹
出典;http://www.cocorila.jp

こちらも休日はお参りをする社殿に辿り着くまでに長蛇の列が並ぶ婚活パワースポットとしても注目を集めています。

東京『下町八福神社』の一つで、人力車や観光バスなどのコースに含まれる「観光地」です。その趣旨は、「八つの巡礼札所である神社にお参りして、八つの恵みを授かる」というものなのです。
ちなみに、何故「七」福神ではなく「八」かというと、なぜか福禄寿(ふくろくじゅ)を二回カウントしているからです。

sponsored link

また、この神社は「七福神の福禄寿」を祀っており、浅草名所の一つになっています。
福禄寿は、「幸福」、「経済や生活、家庭の安定」、「健康と長寿」という三つの福徳を授けてくれる、福の神です。

東京大神宮

東京 拝殿
出典;http://life-energy.seesaa.net

東京都千代田区富士見2-4-1
JR中央・総武線「飯田橋駅」西口から徒歩3分
地下鉄有楽町線・南北線「飯田橋駅」B2a出口から徒歩5分
地下鉄東西線・大江戸線「飯田橋駅」A4出口から徒歩5分

JR中央・総武線「飯田橋駅」西口改札を出てから左に進み、信号を渡って少し歩いて左に「東京チカラめし」右手に「日高屋」のある十字路を左へ曲がり、道なりに進んだ左側に東京大神宮があります。

「天照皇大神」伊勢神宮の内宮の御祭神で、国民全ての祖神、「豊受大神」伊勢神宮の外宮の御祭神で農業、諸産業、衣食住の守護神、さらに「倭比賣命」を奉斎しています。

東京飯田橋でお伊勢参りができる東京大神宮は知る人ぞ知る有名良縁神社です!

神田明神

神田 神殿
出典;http://www.enmusubi-navi.com

千代田区神田2-16-2

中央線・総武線 御茶ノ水駅(聖橋口)より徒歩5分
京浜東北線・山手線線 秋葉原駅(電気街口)より徒歩7分
東京メトロ丸ノ内線 御茶ノ水駅(聖橋口)より 徒歩5分
東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅(聖橋口)より徒歩5分
東京メトロ銀座線 末広町駅 より徒歩5分
東京メトロ日比谷線 秋葉原駅 より徒歩7分

730年創建された24時間参拝可能な神社です。

神田夜
出典;http://ganref.jp

境内にご鎮座される大黒様は、島根県の出雲大社のご祭神でもあり、縁結びの神様として良縁を望む人々に崇められています。と言うことで都内屈指の婚活パワースポットとして多くの人が訪れます。
正式名称は神田神社で、神田・日本橋・秋葉原・大手町・丸の内・旧神田市場・築地魚市場など108か町会の総氏神と称されています。
日本三大祭、江戸三大祭として名高い「神田祭」も神田明神のお祭りとして有名です。

提灯
出典;http://www.enmusubi-navi.com

のんびり

綺麗なもの、由緒正しい歴史あるものって心に響きますよね。美術館で綺麗なものを見ることは、心にエネルギーを注いでくれます。だけど、それが混みまくりの「人の頭越し」の「綺麗」ではがっかりです。

ということで、イイものはあるけど、知る人ぞ知る、こじんまりしたいい感じの美術館2つご紹介です。

畠山記念館

畑 庭
出典;href=”http://www.ebara.co.jp

港区白金台2丁目10-12
都営浅草線「高輪台」駅(A2出口)を左折、徒歩5分
東京メトロ南北線・都営三田線「白金台」駅(1番出口)より徒歩10分
都バス(反94系統)「五反田駅―赤羽橋駅前」・(反90系統)「五反田駅―三田駅前」にて「高輪台駅前」下車徒歩5分

開館時間 
4月~9月 10:00~17;00
10月~4月 10:00~16:30

入場料 700円

畠山記念館は、茶道具を中心に、書画、陶磁、漆芸、能装束など、日本、中国、朝鮮の古美術品を展示公開している私立美術館です。収蔵品は、国宝6件、重要文化財32件を含む約1300件です。(→ コレクション)春夏秋冬季節の移り変わりに合せて年4回、作品を取り合わせて展示しています。
創立者畠山一清(1881―1971)は能登国主畠山氏の後裔で、東京帝国大学工科大学を卒業、技術者としてポンプの開発に取組み、株式会社荏原製作所を興して実業界に名を馳せました。

畑内部
出典;http://www.ebara.co.jp

展示物は変わりますので、その時々で違うものを楽しむことができます。
何と言ってもいいのが、美術品を見ながら畳に座って、お抹茶がいただけるところです。(500円)

畑 お茶
出典;http://www.ebara.co.jp

とってもこじんまりしていますが、その分、人も少なくてゆっくり鑑賞できます。レクチャー会なども行われていますので、時間が合えば参加しても楽しいです。お抹茶につくお菓子は、季節のお菓子の場合もあります。
 美術館のしんとした空気は心を静かなパワーで満たしてくれます。

松岡美術館

松岡
出典;https://kaumo.jp

東京都港区白金台5丁目12番6号

東京メトロ南北線・都営三田線「白金駅」1番出口より徒歩6分
JR目黒駅東口より徒歩15分
バス…都営バス目黒駅ターミナルから「黒77→千駄ヶ谷駅行き」もしくは「橋86→東京タワー行き」に乗り「東大医科研病院西門」下車

10時~17時

800円/65歳以上・障害者700円/中高大生500円

休館日毎週月曜日(祝日の場合は翌日)

松岡清次郎は明治27年生まれの実業家で、不動産やホテル業などに進出する一方、美術品の収集家としても名を馳せました。半世紀にわたり、世界の作品をコレクションしました。白金台の駅からほど近いところにあります。ひっそりとした、たたずまいですが、いろいろなジャンルの収蔵品がある見どころの多い美術館です。

全体として、雑多な印象をうけますが、特筆すべきはガンダーラの石像たちです。ずらりと並んでいる姿は圧巻です。
足元からの外光を受けて、表情が変わるのも眺めて飽きません。

松岡 仏像
出典;http://ameblo.jp

来館者も少ないので、ひたすらゆっくりと、しかもびっくりするほど近くから見られます。

松岡 アップ
出典;http://cinemajournal.seesaa.net

どこがお好みでしょうか。時には日常から離れて、エネルギーチャージしたいですね。

イヌ
出典;http://weheartit.com

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です