「気付けば歩き方ブス」の恐怖。今日からきれいな「歩き方」を意識してスタイル美人に!

sponsored link

「歩き方」気にしてる?

large
(http://weheartit.com/)

ばっちり気合いを入れたスキンケアとボディケアに、メイクも服装も完璧♡
なのに…なんだかキレイに見えない。
そんな残念な事態は、「歩く姿がブス」という事実が招いているのかも!

large-1
(http://weheartit.com/)

歩き方がキレイだと立ち姿の印象が良くなるだけでなく、ダイエット効果や健康への良い影響もたくさん。
思い立ったらすぐできる、美脚を手に入れる方法のひとつでもあるのです。
 

あなたは大丈夫?まずは靴底の減りをチェック

large-3
(http://weheartit.com/)

自分がブス歩きをしていないか確かめるには、よく履いている靴の底をチェック。
左右どちらかや一部分だけがすり減っているようなら歩き方に問題が!

靴は本来左右対称にすり減るのが理想です。それなのに一部分だけが極端にすり減っているのは、体がゆがんでいるからです。ゆがみが起こっていると、姿勢や代謝も悪くなってしまいますよ。

本来は左右均等に靴底がすり減るのが理想ですが、そうでない場合は歩き方に何かしらの問題点があります。
(出典:http://josei-bigaku.jp/)

靴の修理屋さんなどのエキスパートは、靴底を見るだけでその人がどんな足・歩き方をしているかわかるのだとか。

4839_l
(https://www.gurasan.co.jp/)

靴底の外側が減る人は「がに股」や「O脚」の傾向があります。
外側の筋肉にだけ重心がかかるので、がっちりしたガンダム足に…膝や腰への負担も大きいです。

img_20130420-172602
(http://www4.hp-ez.com/)

反対に靴の内側が減る人は「内股」、もしくはさらに悪化した「X脚」。
このタイプは猫背の人が多いです。膀胱と子宮に圧がかかるので冷えやむくみ、腰痛も引き起こしますよ!
若い世代に高いヒール靴が普及してきた最近は特に増えていると言われています。

その他つま先、かかとなどが極端に減っているようならそこにだけ力が偏っているということ。
ほっておくとそのままからだがどんどん歪んでしまいます。
 

目指すは、見とれる街中美人!キレイな歩き方への修正メソッド

①何はなくとも意識する

large-4
(http://weheartit.com/)

まずは、「きれいに直そう!」と自分で強く意識すること。これが全てのはじまりです。

家で練習してみるのもいいですが、やはり実際に靴を履いて外を歩いたほうが実感としてわかるもの。
街中を歩いているときにショーウィンドーなどで自分の歩き姿を確認してみましょう。
猫背だったり、足が上がっていなかったり…自分の歩き方のブスポイントがわかることで修正しやすくなります。

普段無意識で歩いていることを、意識的に行うと、身体が思い通りに動かず、焦る事もあります。初めは、一つのポイントを意識することからスタート!次に、2個3個…と数を増やしていきましょう。
(出典:http://allabout.co.jp/)

 

②気付いたら「目線上げ、背筋ピン」

large-5
(http://weheartit.com/)

いきなりモデルのように完璧なウォーキングを身につけようとする必要はありません。
美しい歩き方の基礎は「目線を少しだけ上げる」「背筋を伸ばす」こと。

sponsored link

自分の感覚でかまわないので、歩くときは15メートルぐらい先に視線を置いて少しあごを引きましょう。

ph1
(http://hakuraidou.com/)

背筋を伸ばすのは最初は少し難しく感じるかもしれません。
やってしまいがちなのが、胸を張ったときに肩も一緒に上げてしまうこと。
肩が上がっていると美しく見えませんし、すぐに疲れてしまいます。

背筋を正したら肩の力を抜いて、必要のない負担がかからないようにリラックス。

d02d7299310d0000502e0b971a0838631-e1404475645945
(http://zi-gen.com/)

足の付け根は、どこにあると思いますか?じつは、みぞおちあたりの筋肉を使って、足を動かしています。

ちょうどみぞおちの辺りから脚が生えていることを意識して歩くと、姿勢を正そうとしなくても、勝手に背筋がピンと整います。

面白いぐらいに歩き方が変わるので、ぜひ今すぐ試してみて下さい。
(出典:http://zi-gen.com/)

腰回りの筋肉を意識すると、きゅっと背筋が引き上がります。
 

③着地はかかとから!

large-6
(http://weheartit.com/)

特に高いヒールを履いているとついついつま先のほうばかりを使ってしまいがちですが、かかとを使わないと前のめりのブス歩きに。

かかとから着地し、足の外側からつま先へ体重を移動させましょう。つま先まで移動したら親指で地面を蹴るイメージで次の一歩を踏み出してください。”
(出典:http://news.aeonsquare.net/)

megu_4
(http://bikyaku-t.com/)

とは言え、かかとばかり意識してつま先がふわっとするのはNG。
かかとから着地したら足裏全体を降ろし、つま先で地面を感じながらしっかり蹴り上げるように歩きます。
 

④腕の振り方を正す

large-7
(http://weheartit.com/)

ポケットに手をつっこんで颯爽と歩くのは素敵ですが、歩き方でキレイに見せるためには腕の振り方も意識して。

正しく腕を振って歩くと肩甲骨や背中の筋肉が使われるので、ダル肉・ハミ肉が目立ちがちな背中もすっきり鍛えることができます。

肩から二の腕にかけて少し力を入れて後ろへまっすぐ振るように歩いてみて下さい。

きゅっと引き締まるのが感じられるはずです。この歩き方の利点は、二の腕の引き締めはもちろん、姿勢の悪さからくる肩こりまで解消できるという事です。

また、背筋が自然とピンと伸びて歩幅も大きくなり、歩いている姿もとても毅然として美しく見えます。
この方法は無理に後ろ側へ振ろうとしなくても、いつもより少しだけ腕を振る角度を大きく意識するだけでOKです。
(出典:http://josei-bigaku.jp/)

1441354200-1438582544-image
(https://candypot.jp/)

背筋が正されてバックスタイルが美しく見え、肩出し・背中あきのお洋服でも安心♡
デコルテ部分も開くので、前から見ればスッキリとした鎖骨が自慢の完璧スタイルに♪
 

正しい歩き方でハッピーも手に入る!

large-2
(http://weheartit.com/)

きちんとした姿勢で歩くと、ストレスに効果的な脳内物質である「セロトニン」が刺激されてうつ病や認知症の予防にもなるのだとか。

美脚もストレスフリーな生活も両方手に入れて、歩いているだけで見とれるような人になりましょう♡

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です