トランス脂肪酸、危険!マーガリンは食べちゃダメって本当ですか?嘘ですか?

sponsored link

トランス脂肪酸って何?アメリカではこれから禁止されるって本当?マーガリンは食べちゃいけない食べ物なの?日本人はたくさん食べないから平気?お菓子は?パンは?クッキーは?そんなあなたの疑問に答えます。本当に注意すべきものは・・。

アメリカで禁止!ってこういうこと

2015年6月16日に、米国食品医薬品局 (FDA)が「2018年以降、トランス脂肪酸の発生源となる油の食品への使用を原則禁止する」と発表したことです。日本は特に規制がなく、含有量の表示義務もないことから、心配する声があがっているのです。

日本では表示義務さえないトランス脂肪酸、いったいどんなものなのでしょう。

瞑想女子
出典;http://weheartit.com

トランス脂肪酸とは

オリーブオイル
出典;http://weheartit.com

トランス脂肪酸とは、不飽和脂肪酸の中の分類です。

不飽和脂肪酸とは、常温で液体になっている油に含まれる脂肪酸です。

オレイン酸、とかリノール酸とか・・オリーブオイルやサラダ油に含まれているものですね。でもこれらは、シス(cis)不飽和脂肪酸です。

シス(cis)とはこの油の分子構造を示します。
天然の不飽和脂肪酸のほとんどは、炭素の二重結合がすべてシス(cis)型です。

分子
出典;http://www.transfat.org.uk
 
これに対して、トランス(trans)型の分子構造の不飽和脂肪酸をまとめて「トランス脂肪酸(trans-fatty acid)」と呼ぶのです。

天然の不飽和脂肪酸はふつうシス型で存在します。しかし、牛や羊などの反芻(はんすう)動物では、胃の中の微生物の働きによって、トランス脂肪酸が作られます。そのため、牛肉や羊肉、牛乳や乳製品の中に天然に微量のトランス脂肪酸が含まれています。

今問題視されているのは、シス型の不飽和脂肪酸を加工することで生じるトランス脂肪酸なのです。

ばら
出典;http://weheartit.com

トランス脂肪酸のでき方

水素添加

 常温で液体の植物油や魚油のから半固体又は固体の油脂を製造する加工技術の一つである「水素添加」によってトランス脂肪酸が生成する場合があります。

分子2
出典;http://blog.livedoor.jp

高温処理

植物から油を絞る際には、精製する工程で好ましくない臭いを取り除くために高温で処理を行います。この際に、植物に含まれているシス型の不飽和脂肪酸からトランス脂肪酸ができます

揚げ油の使いまわし

揚げものをする時の、揚げ油を何回も高温にすることによって、トランス型に変化するともいわれます。

ポテト
出典;http://weheartit.com

トランス脂肪酸の種類

不飽和脂肪酸には、鎖の長さや二重結合の数と位置によってとてもたくさんの種類があります。トランス脂肪酸も同じで、「トランス脂肪酸」という名の脂肪酸が一種類だけあるのではなく、トランス型の二重結合を持つたくさんの種類の不飽和脂肪酸をまとめてトランス脂肪酸と呼んでいます。

トランス脂肪酸と呼ばれるものは、主なものだけでも多くの種類があります。現時点では、食品に含まれているすべてのトランス脂肪酸の量を精確に測定できる方法は確立されていません。

トランス脂肪酸の量の表示

日本では表示義務はありませんが、食品に含まれているトランス脂肪酸の表示をしなければいけない国では、測定が可能なトランス脂肪酸、または主要なトランス脂肪酸の合計量を表示すればいいことにしています。

トランス脂肪酸と体

ワイン
出典;http://weheartit.com

トランス脂肪酸については、食品からとる必要がないと考えられており、むしろ、とりすぎた場合の健康への悪影響が注目されています。

具体的には、トランス脂肪酸をとる量が多いと、血液中のLDLコレステロール(いわゆる悪玉コレステロール)が増えて、一方、HDLコレステロール(いわゆる善玉コレステロール)が減ることが報告されています。

日常的にトランス脂肪酸を多くとりすぎている場合には、少ない場合と比較して心臓病のリスクを高めることが示されています。

トランス脂肪酸の摂取目安量

国際機関が生活習慣病の予防のために開催した専門家会合(食事、栄養及び慢性疾患予防に関するWHO/FAO合同専門家会合)は、食品からとる総脂肪、飽和脂肪酸、不飽和脂肪酸等の目標値を2003年に公表しました。

その中で、トランス脂肪酸の摂取量を、総エネルギー摂取量の1%未満とするよう勧告をしています。日本人が一日に消費するエネルギーは平均で約1,900 kcalですので、平均的な活動量の場合には一人一日当たり約2グラム未満が目標量に相当します。

参考;http://www.maff.go.jp

sponsored link

食べ物にどのくらい入っているの

クッキー
出典;http://weheartit.com

<h3トランス脂肪酸の多い食べ物

水素添加によって製造されるマーガリン、ファットスプレッド、ショートニングや、それらを原材料に使ったパン、ケーキ、ドーナツなどの洋菓子、スナック菓子などにトランス脂肪酸が含まれています。

高温処理した、サラダ油などの精製した植物油にも微量のトランス脂肪酸が含まれています。
何度も高温にして使っている揚げ油に含まれていますので、そういう環境下で揚げられた「揚げもの」にも含まれる、と考えるべきでしょう。

フライド
出典;http://weheartit.com

トランス脂肪酸含有量

 トランス脂肪酸は、マーガリンやショートニングなどの加工油脂およびこれらを原料とする食品、そして牛乳・乳製品、反すう動物の肉や精製植物油などに含まれます。食品安全委員会の調査によれば、日本国内に流通する食品で100g当たりのトランス脂肪酸の平均含有量が最も多いものはショートニングの13.6g、続いてマーガリンおよびファットスプレッドの7.0gです。

表 わかりやすい
出典;http://blog.livedoor.jp
出典;https://www.fsc.go.jp

何をどのくらいまで食べていいのか

チョコ
出典;http://weheartit.com

トランス脂肪酸を1日2グラム以内、と考えると、含有量の多いショートニングなら14.7g、ファットスプレッド(マーガリン)なら28.57gということになります。

私がイギリスブレッドを作る時には、1.5斤で、15グラムのショートニングをいれます。1日で全部食べたら、許容量を超えますね。ましてファットスプレッド(マーガリン)をつけたら完全にアウトです。

日本人は大丈夫?

農水省は「日本人の食生活では問題ないから表示義務は必要ない」という見解です。

確かに、日本人がイギリスブレッド、1.5斤一日で食べる生活、というのは考えにくいでしょう。ここが農水省の見解の「日本の主食は米なので」という根拠ともいえるのでしょう。

しかし注目すべきは、含有量のところの表中の「スナック」部分です。一番多いものではショートニングそのものと同じだけの含有量のあるものが存在することを示しています。

キットカット
出典;http://weheartit.com

 
許容量の2gのトランス脂肪酸を含む14.7gのショートニング(何の味もしない白い油です)を、ペロペロは舐めませんが、「スナック」になってる、同じ含有率のものを14.7g食べる、ということは充分あり得るのではないでしょうか。
それは、大好きなチョコレート菓子かもしれませんし、他のスナック菓子かもしれません。

一概に日本人なら大丈夫、とは言えなそうですね。

何に気をつけたらいいのか

 食パン、1斤、マーガリンつけて毎日・・はダメです。(当り前!)

 スナック菓子やパン、菓子パン、ケーキ、クッキー、クラッカー、チョコレート菓子、アイスクリーム、などを食べる際には後ろの成分表示を見てみましょう。
 ショートニング、とあればそのものですし、チョコレートなどで「ココアバター」ではなく「植物油脂」とされていれば、トランス型に加工してる油脂であることが考えられます。
 
 植物・・と書いてあるとどこか身体によさそう・・などと思ってしまうと、逆だったりするのです。
 ちなみに原材料表示は、使われている量の多い順に表記されていますから、どういう順で出てくるのかもチェックです。

 自分が食べるものは自分で確認して自覚を持って食べる、ということが何より大事なのです。

クリーム
出典;http://weheartit.com

国の見解

日本

現在の日本の方針では、トランス脂肪酸よりも全体的な脂質の摂取量について注意を促す傾向にあります。したがって、食生活では一部の脂肪酸にこだわることなく、脂肪全体の摂取について注意していきましょう。様々な種類のトランス脂肪酸がヒトの健康にそれぞれどのように影響するかについては、まだ明確ではありません。トランス脂肪酸に対する今後の研究報告について十分留意し、適切に対処していくことが大切です。

アメリカ

米国では、加工食品に総脂肪量、飽和脂肪酸量、コレステロール量、トランス脂肪酸含有を表示しなければなりません。
さらにニューヨーク市は2006年12月、外食産業における原則使用禁止を決めました。そして2007年7月ついに同条例を施行しました。これによってフライ、マーガリン、ショートニング、食用油が使用制限を受けます。さらに1年後にはパン生地にも適用されます。

デンマーク

デンマークではトランス脂肪酸の含有を2%以下と規制しています。

ドイツ

ドイツでは、腸の慢性炎症疾患でクローン病という難病にかんして、マーガリンの摂取との因果関係が証明されました。そのためにマーガリンの使用が制限されています。

犬
出典;http://weheartit.com

トランス脂肪酸問題、解決したでしょうか。こういう機会に自分の食生活を見直したいですね。

参考;http://www.dietitian.or.jp 
参考;http://microdiet.net
参考;http://www.transfat.org.uk
 

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です