肌の衰えは血管の衰えが原因!肌のために毛細血管を守らなくては!

sponsored link

肌の状態は皮膚ではなく血管で決まっていた、これは研究機関の毛細血管の分析で判明したそうです。外からのお肌のお手入れではなく、肌の内側からの毛細血管がお肌の老化のカギを握る!その衝撃的な事実と毛細血管のために何ができるのかを説明です。
 

お肌の老化と血管

「50過ぎるとイタチごっこなのよ! いくらケアしても次の日には壊れるんだから!」。12月3日放送の『カラダのヒミツ』(NHK BSプレミアム)の冒頭で、ゲストのIKKO(53才)が叫びました。この日、番組が取り上げたのは、美容界のカリスマでさえただ嘆くしかない現実──「年齢による肌の劣化」についての話でした。

ikko
出典;http://ameblo.jp

番組で紹介されたのは、『花王』や『資生堂』など大手化粧品メーカーと医学界の最新研究によってもたらされた革命的な発見だったのです。

引用;http://www.news-postseven.com

きつね
出典;http://weheartit.com

この番組で、「肌の状態は皮膚ではなく血管で決まっていた」、そんな事実が告げられました。この学説は、20代~70代の毛細血管の分析によって判明したものなのです。

人間の体には動脈、静脈のほか、皮膚の隅々にまでいきわたる毛細血管が張り巡らされています。200分の1mmという極細のその血管の総延長は10万kmもあります。地球2周半分の長さに達するほどの長さなのです。
 37兆個ある人間の細胞すべてに栄養素と酸素を運ぶためにはこれだけの長さが必要なのですが、加齢とともに毛細血管は老化していきます。

ばら
出典;http://jp.freepik.com

そして、みんなの悩み、老化による肌の衰えの原因は、この血管の老化にこそあったというのです。

毛細血管の老化とは

眺める
出典;http://weheartit.com

資生堂の見解

資生堂研究所はこのような見解を発表しています。

血管:40代で毛細血管は過剰にもれやすくなる。

毛細血管は、血管内皮細胞の周りに壁細胞がある二重構造をしています(30代の血管)。
ところが、40代になると壁細胞がなくなって、毛細血管が過剰にもれやすくなり、
肌の隅々まで栄養が十分に届かなくなり衰えていくことがわかりました。

引用;http://www.shiseidogroup.jp

高倉伸幸氏の解説

番組にも出演した、大阪大学微生物病研究所教授の高倉伸幸氏の解説はこうです。

「本来、毛細血管は『壁細胞』という壁で覆われており、その中を流れる栄養素や酸素は外に少しずつ漏れて肌の隅々にまで届けられています。しかし、40代を境にこの壁細胞がはがれ始めることがわかったのです。

手
出典;http://weheartit.com

こうなると、血中の栄養素は道半ばでダダ漏れになり、末端の肌にまでたどりつかない。肌の中には『線維芽細胞』というコラーゲンを生成する細胞がありますが、ここに栄養素がたどりつかないと、コラーゲン生成能力が衰えていく。結果、肌は弾力を失い、劣化していくのです」

引用;http://www.news-postseven.com

 さらに、こうも番組では解説されています。60代になると平均で壁細胞の3割がはがれるといわれ、血中の栄養素が届かない細胞は最終的にしわやシミになっていってしまいます。
 現代女性は化粧水、乳液、クリームと肌対策に余念がないが、いくらスキンケアをしても血管までは届かないのです。
参考;http://www.news-postseven.com

お手入れ
出典;http://weheartit.com 

sponsored link

なかなか衝撃的ですよね。じゃあ、何をやっても無駄って、あきらめるわけにはいきませんよね。
肌老化の根本原因がわかったのですから、そこから対策をすれば、根本的な改善も期待できる、と考えるべきなのではないでしょうか。
毛細血管を少しでも元気にしておけば、根本的なお肌の老化を食い止めることができる、ということなのですね。

毛細血管を修復する働きのある食べもの

シナモン

血管が弱くなってしまう原因のひとつに「Tie2(タイツー)」という成分が関係しています。
Tie2は、血管の内側と外側を接着する役割を担っているのですが、年齢とともに働きが低下してしまうため、毛細血管の細胞がはがれやすくなってしまいます。
これこそが今回注目の肌の老化の原因ですね。

シナモン
出典;http://weheartit.com

大阪大学高倉教授の研究によれば、「シナモン」がTie2を活性化して、肌の毛細血管の機能を正常に戻すそうです。

1日0.6gで効果を発揮するそうですから、1日ひとつまみのシナモンを習慣にしたいですね。すごくお手軽でうれしいですよね。
シナモンティー1杯でオッケーです。

ただし、シナモンの摂り過ぎは、肝機能の障害を引き起こすという報告もありますから、一つまみ、だけにした方が良いようです。

なんでもやり過ぎはNGですね。

黒しょうが

黒しょうが
出典;http://www.rakuten.ne.jp

黒しょうがは、タイでは古くから薬効のある食べ物として知られ、黒しょうが茶が親しまれているそうです。

オリザ油化株式会社の研究によれば、黒しょうがを摂取することで、末梢血管の血流が増加しただけでなく、変形した末梢血管の形が整えられたとのことです。これは見逃せないですね。

サプリメントやお茶として販売されていますから、毛細血管の若さ維持の為に生活にとりいれたいですね。

無題
出典;http://item.rakuten.co.jp

「黒しょうが」には、ミネラルやアミノ酸、ポリフェノールが多く含まれ、普通のしょうがの何倍ものパワーを持っています。もちろん、冷えやむくみの改善にもお勧めです。

貝類

貝
出典;http://weheartit.com

紫外線の刺激は、コラーゲンやエラスチンといった肌を支える土台にダメージを与えて、しわやくすみの原因となるのですが、それだけでなく「しわ血管」と呼ばれる新しい血管を作り出し、その毛細血管を通じてエラスターゼと呼ばれるエラスチンを分解する酵素が運ばれ、しわを作り出してしまうそうです。

新しい血管ができれば、血流が良くなるような気がしてしまいますが、紫外線ダメージによって生まれた毛細血管は、修復よりむしろダメージを与える側面が強いのだそうです。 血管なら何でもいいってわけではありませんね。

ということで、「しわ血管」対策として、広島大学の研究によれば、貝類のうま味成分として知られる「コハク酸」に、血管新生を抑制する効果があるとのことですから、貝類も積極的に食べましょう!

お顔の血行促進・顔ヨガ

顔の血管の血行を良くするということで顔ヨガも効果があると言われます。

顔ヨガなら、こちら顔ヨガ、1日5分、2週間で小顔になれるってすごすぎませんかをご覧ください。

エミュー
出典;http://weheartit.com

毛細血管は、身体の隅々まで酸素と栄養を送り届ける大切な血管ですね。毛細血管の血流が滞ると、肌の老化だけでなく、冷えやむくみの原因にもなりかねません。いつまでも美しい肌と身体のために、毛細血管を元気な状態に保ちたいですね。

そして、肌老化に根本からブレーキをかけましょうね。

参考;http://agingcare-secret.jp
参考;http://www.ntv.co.jp
 

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です