むくみ解消だけじゃない!全身に効くセルフフットマッサージのやり方♡

sponsored link

今日は立ちっぱなしだった!さんざん歩いた!逆に、座りっぱなしだった。足がむくんでいる!なんだか疲労感山盛り!そんな時、就寝前に第2の心臓と言われるふくらはぎと全身に効く反射区がたくさんある足をゆったりマッサージしてみましょう。

セルフフットマッサージの効果

血液やリンパには、細胞を活性化するという大切な役割があります。
心臓から送り出された血液は、血しょう成分によって、細胞に酸素や栄養を引き渡し、その代わりに、細胞で不要となった二酸化炭素や老廃物を受け取り、細胞やリンパ管を通って心臓に戻ります。
フットマッサージによって、この一連の流れが促進されると、免疫力がアップして、脚のむくみや疲労が改善されるのです。

セルフでできれば、痛みや不快感を与えることのない、フットマッサージで、心身ともにリラックスすることができます。

猫
出典;http://weheartit.com
 

お勧めオイル

自分好みの香りのオイルで癒されながら、セルフフットマッサージをしてみましょう。

ラベンダー
出典;http://weheartit.com

私のお勧めのトーニングオイルは2つです。

かんきつ系

ボディショップオイル

ボディショップオイル
出典;http://www.cosme.net

天然オイルがベースのマッサージオイル。少量でもすべりがよく、なめらかに伸び、マッサージに適したテクスチャーです。タンジェリン、グレープフルーツ、オレンジ、バジル、レモングラス、リッツアクベバの6種の植物エッセンシャルオイルを配合。すっきりとなめらかでハリのある肌へと導きます。

ラベンダー

ロクシタン

ロクシタン
出典;http://jp.loccitane.com

天然のサプリとも呼ばれるアーモンドから抽出したオイルがベース。ボディ全体をマッサージしていくと「疲れている」「かたくなっている」など、肌の声を手のひらがキャッチしてくれます。
こちらはラベンダーの香り。

マッサージの種類

マッサージの手法を知っておきましょう。

ストローキング 軽擦法

スローイング
出典;https://www.youtube.com/watch?v=SS_oXks8_Dghttps://www.youtube.com

これは、マッサージする部分に手のひらを広く密着させ、適当な圧力を加えて、軽くなでたり、さすったりする方法です。

なでるコツは、手のひら、5本の指の腹を皮膚にピッタリつけて、なではじめからなで終わるまで圧し方の強さを変えないようにします。

両手の手のひらで包み込むようにして、行います。

ニーディング

ニーディん具
出典;http://ameblo.jp
 
ニーディングとは「パンをこねる」という意味ですが、このマッサージ法は、皮膚の上から皮下組織をつかむようにおこないます。

指先だけに力を入れず、ひじや手首を動かして、手のひら全体、あるいは指の腹全体で軽くやわらかくつまみあげるように揉みます。

ナックリング

ナック完全
出典;http://www.decleor.jp

握りこぶしをつくって、体表から圧迫していくマッサージ方法です。指関節で押していきます。
最初は軽く、そして慣れたら少し力を入れて圧迫していきます。

マッサージ手順・動画

ざっくり全体の流れはこうです。

YouTube Preview Image 出典;https://www.youtube.com

せっかくなら全身に効くように

反射区を意識してマッサージ

反射区とは各器官や内臓につながるといわれる末梢神経の集中個所のことです。 例えば反射区の「胃」の場所を刺激すると、人体の中の胃の働きも活発になるという仕組みです。 「ツボ」が1つの点であるのに対して「反射区」は面になって存在します。 1か所ずつの範囲が大きいのが特徴です。足裏にはたくさんの反射区があります。

参考;http://dr-foot.co.jp

準備

オイルを手のひらに出して温めます。

ふくらはぎ

オイルをなじませながら、かかとからゆっくりストローキングします。指の間も丁寧になじませます。

足首からひざに向けてやや強くストローキングします。両手の平を使って、足首からひざ裏までしっかりと老廃物をすり上げます。足首からひざまでのドレナージュです。

11
出典;http://ashiuraism.com

膝の周りを親指でぐるぐると3周します。

ひざ裏、関節

ひざ裏、膝関節をナックリングします。膝周りの腱を意識して。ひざ裏にあるリンパを刺激します。

sponsored link

ひざの内(裏側)にあるリンパ節をまんべんなく揉みます。足先から動きはじめた老廃物のゴミ箱の役割をするので、よくほぐします。

12
出典;http://ashiuraism.com

ふくらはぎ・ニーディング

ふくらはぎを足首からニーディングしていきます。つかみながらリンパを持ち上げてくる感じです。

ふくらはぎの前面も同じようにニーディングします。

座骨神経の反射区です。すねの外側に親指を重ねて当て、外くるぶし上部からニーディングしましょう。

10
出典;http://ashiuraism.com

もう一度、足首からストローキングして、ふくらはぎ部分の終了です。

足首

足首周りをナックリングで刺激します。足首周りの腱を意識してぐりぐりします。

子宮、卵巣、婦人科系の不調を司る反射区です。くるぶしとかかとをつなぐ線の真ん中あたりを親指で円を描くように刺激します。

7
出典;http://ashiuraism.com

足首前をストローキング。

足の甲

足の甲をにストローキング。甲の骨の間を意識して流します。

足趾の間に親指をしっかり当て、足首の方向にすべらすように刺激します。
リンパ腺、胸や肩甲骨などを司る反射区。足趾の間に親指をしっかり当て、足首の方向にすべらすように刺激します。外くるぶしの甲側には肩甲骨の反射区があります。親指で甲全体を刺激します。

9
出典;http://ashiuraism.com

足の位置を変えます。片方の膝を曲げて胡坐をかくようにした上に反対の足をのせます。

足首をゆっくり回します。何回か回したら同じ数だけ反対も回します。

かかと

かかとを強めにストローキングします。

生殖器、元気のバロメーターになる反射区です。かかとをふちにむけて人差し指の内側を使って刺激します。

6
出典;http://ashiuraism.com

足裏・縦に

土踏まずもストローキング。真ん中、内側、外側・・と丁寧に。

腎臓-輸尿管-膀胱、老廃物排出を司る反射区です。土踏まずの中央上部から、かかとの内側の付け根まで力を抜かずに指をすべらせます。

1
出典;http://ashiuraism.com

胃、膵臓、十二指腸、消化機能を活性化する反射区です。土踏まずの内側に位置するので、土踏まず上部内側を円を描くように刺激します。

指の付け根

親指の付け根、小指の付け根もストローキング。親指で丁寧にします。
甲状腺、代謝を司る反射区です。親指と人差指の間に指をあて半円を描くように力を抜かずにすべらせます。

2
出典;http://ashiuraism.com

人差指の付け根に右親指を当て、足の外側に向けてしごくように力を抜かずに押し広げます。
僧帽筋、肺、肩、肩こりの反射区。両手で足を支え、第二趾の付け根に右親指を当て、足の外側に向けてしごくように力を抜かずに押し広げます。

3
出典;http://ashiuraism.com

足指

指を一本ずつぎゅっと握って引っ張ってパッと離す・・指抜きをします。

親指や人差し指の関節を使って一本ずつ力強くしごきます
脳、首、耳、目、鼻など首から上を司る反射区です。

8
出典;http://ashiuraism.com

足裏・横に

足の裏を横方向にニーディング。両方の親指で挟んでニーディングです。

5
出典;http://ashiuraism.com

小腸、大腸、栄養の吸収、排泄を司る反射区です。小腸は土踏まずの中央をかかとに向けて強めに刺激します。大腸はコの字を描くように押します。とくにかかとと土踏まずの境目は便秘解消の重要なポイントです。

足全体

足をつかんでツイスト。足全体を握ってねじります。

足全体をぎゅっとつかんで絞り上げる感じのスクイーズ(押しつぶし)です。
ぎゅっと絞り上げて、パッと解放します。

指を下から広げるようにつかんで、パッと解放します。

かかとから全体をストローキングして終了です。

犬
出典;http://weheartit.com

反対の足

同じように反対の足です。

仕上げ

全体を上に向かってフェザータッチでストローキングします。

終了です。オイルがついても構わない靴下をはいて足を休ませます。

ユニコーン
出典;http://weheartit.com

足がほんのり暖かく、軽くなっているのを感じられるはずです。次の朝、体調に変化があったら反射区利用も上手にできた、ということです。私は右肩のこりが解消しました。
ぜひぜひ、やってみてくださいね。

参考;http://ashiuraism.com
参考;http://cellu-lite.com
参考;http://allabout.co.jp

sponsored link

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です