コテの使い方をマスターして、簡単思い通りのヘアスタイルに!

ABOUTこの記事をかいた人

sponsored link

コテを使って簡単に女子力高くヘアアレンジ!

髪を巻くだけで可愛く髪型が決まりますよね。ただ毛先を巻いただけでも、それだけでオシャレな雰囲気が出たり、ゴージャスな印象を作れたり、なれたりしますよね。いろいろなヘアアレンジのベースとして、なんとしても押さえたいのが『コテを使った巻き髪の作り方』!基本からしっかりと説明していきますので、ぜひ実践してみましょう♪

コテ1
引用:https://locari.jp/posts/11426

巻き髪は難しそうに見えますが、簡単な基本を押さえればすぐに上手く巻けるようになります。

慣れるまで少しは練習が必要になりますが、複雑なスキルはいりません!

コテ2
引用:http://curet.jp/article/4764

コツさえ掴んでしまえば、ゆるふわカールも、可愛いウェーブも、ふわっとした外国人のような無造作ヘアも、ちょっとした毛先だけのカールも思い通りに作れてしまいますよ♪

コテ3
引用:http://curet.jp/article/4764

ではそんなコテを使った巻き髪の作り方を基本の基本から紹介していきますね。

コテの種類別の選び方から、具体的なたくさんの巻き方までしっかりと紹介しますよ〜♪

コテ4
引用:https://locari.jp/posts/11426

あなたに合った種類のコテを選ぼう

まずはあなたに合ったコテの選び方から。
コテには『太さ』があります。
そして、コテの太さは髪型や髪の長さ、どう巻きたいかによって変わります。

髪の毛が細い方はカールがつきやすいので、一段太いものを。逆に髪の毛が太い方はカールがつきにくいので、一段細めのものを選びましょう♪

コテ5
引用:https://locari.jp/posts/11426

コテの太さの種類は基本的に「19mm」「26mm」「32mm」「38mm」があります。

温度は130℃~200℃までありますが、普段使いなら160℃~190℃が使いやすいです。
コテに慣れていない方は、やけどや髪の毛へのダメージなどの危険がありますから、150℃~180℃で使ってみましょう。

コテ6
引用:http://www.beauty-co.jp/news/dbn/trend/DB003640/

19mmは、ショートカットの方向け!くせをつけるためにちょこっと使うのがおすすめです。細いため、カールも細かくなるので、カールが細すぎる場合は温度を低めにして調整できますよ。

コテ7
引用:https://kaumo.jp/topic/41560

26mmは、ショートカットからミディアムくらいの髪の毛の長さの方がむいています。19mmに比べ、ふんわりとしたボリュームが出せます。毛先だけを巻く時もとっても使いやすいですよ。
いろいろな用途に使えるのがこの26mmです!

コテ8
引用:http://curet.jp/article/4764

32mmは、ミディアムヘアからロングの方におすすめです。32mmなら、トップから毛先まで巻いて、全体にカールをだすことができます。毛先だけ巻けば内巻きにする事も出来ちゃうんですよ!

これもとても使い勝手が良いですね♪

コテ9
引用:http://curet.jp/article/4764

38mmは、長い髪の方向けで、大きくゆるいカールを出したい方におすすめです。とても太く、しっかりとカールが出るのは毛先なので注意です。全体的にゆるさを出せるのも特徴ですね。

自分にあったコテの種類がだいたいわかりましたでしょうか。
迷ったら、素直に髪の毛の長さで選んでみるか、26mm、32mmが使いやすくオススメですよ!

sponsored link

コテ10
引用:https://locari.jp/posts/11426

7割はココで決まる!コテで巻く前の準備

コテで髪の毛を巻く時にとっても大切なのがこの準備です!

髪の毛を巻く前に、カール専用のミストやローションなどを使うのがオススメです。
これによってキレイなカールが作れたり、巻き髪が長持ちするなどの効果があります。
とっても大切な作業ですね。

それから、きちんと髪をブローすることが大切です。
絶対に忘れずにこの準備を行ってくださいね。

コテ11
引用:https://kaumo.jp/topic/41560

それから準備として巻く前に気をつけることは他にもあります。
クシなどで絡まりをとっておくことです。
アイロンを熱する前に、さっと面をそろえておきましょう。

これをせずに髪がくしゃくしゃのままアイロンをあててしまうと、変なクセがついてしまいますよ!

コテ12
引用:http://www.beauty-co.jp/news/dbn/trend/DB003640/

最後にもう1つ髪の毛を巻く前のコツを紹介します!
熱が届かない部分にはクセがつかないので、コテの直径を目安にひと束の量を調節しましょう。

コテ13
引用:https://kaumo.jp/topic/41560

いろいろな巻き方でヘアアレンジ!

さて、いよいよ本番!
髪の毛を巻いていくステップに移りますよ。

フォワード巻き

最初に紹介するのはとっても一般的なフォワード巻き。

コテ14
引用:https://locari.jp/posts/11426

フォワード巻きとは、内側に向かって巻くスタイルのことです。
写真のように、やわらかく上品な仕上がりになります。
巻き方もとっても簡単です。
髪の外側にクリップ部分がくるように毛束をはさみ、内側に向かってアイロンを回転させるだけ!

コテ15
引用:https://kaumo.jp/topic/41560

上品で、ふんわりと仕上がりとっても可愛いですね♪

リバース巻き

次は先ほど紹介した、フォワード巻きに並ぶ基本的な巻き方。

コテ16
引用:https://kaumo.jp/topic/41560

これは、先ほどのフォワード巻きと反対で、外側に向かって髪の毛を巻くスタイルです。
巻き方もそのまま反対にし、外側に向かってアイロンを回転させます。簡単で、覚えやすい巻き方です。

華やかさのある印象になるため、大人っぽく仕上がりますね♪

ミックス巻き

少し慣れてきたらこの巻き方、「ミックス巻き」です。

コテ17
引用:https://locari.jp/posts/11426

先ほど紹介した二つの基本的な巻き方、フォワード巻きとリバース巻きを交互に巻いて、カールを重ねていき作るスタイルです。
ボリューミーな立体感のある巻き髪になりますよ♪

ワンカール

コテ18
引用:https://locari.jp/posts/11426

ワンカール巻きは、丸みのあるボブやAラインシルエットのスタイルを作り出すことができます。
巻き方のポイントは、アイロンを根元から毛先まですべらせること。
毛先をはさんで1回転~1回転半巻き上げまれば完成です。

ミディアムやショートの方はとっても可愛く決まるま巻き方なので、とってもオススメです♪

コテ19
引用:http://curet.jp/article/4764

以上が巻き方の説明でした!
これまで紹介したのはあくまでも基本です。
髪の毛を巻いているうちに、自分に合った巻き方や、癖のつけ方が見つかると思います!

いろいろ試してみてくださいね♪

コテを使って思い通りの髪型を!

いかがでしたでしょうか。
コテで髪の毛を巻くには、自分に合ったコテや準備、基本的な髪の毛の巻き方があるとわかっていただけましたか?

あとは、実践あるのみですね!
いろいろ試して、思い通りのヘアスタイルを作ってみましょう♪

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です