ナチュラルにデカ目にしたいあなたへ!目力アップのコツとテクニック

ABOUTこの記事をかいた人

sponsored link

ここ数年の流行は、断然ナチュラルメイク。

バサバサのつけまつげや極太アイラインはデカ目の味方だけど、「なんだか古い顔」な印象を与えてしまう可能性も…

今時なアカ抜け顔になるなら、アイメイクもナチュラルにチェンジしましょう!

とはいえ、いままで頼ってきたつけまつげたちを卒業するのは不安…
ナチュラルメイクでもデカ目効果だけはどうしても諦められない!

今回は、そんなあなたのためのメイク法を解説します。

シャネル
出典;http://weheartit.com

ナチュラルなデカ目メイクの方法

今までばっちりメイクだった人は、そこから引き算していくやりかたで変えていきましょう。

押さえるところだけしっかり押さえれば、少ないステップやアイテムでもぱっちりな目元は作れます!

メイクの順番も少し変えて、仕上がりが自然に見えるようにしましょう。

前後
出典;http://allabout.co.jp

アイシャドウはブラウン系のパレットを用意

ナチュラルデカ目の必須アイテムは、ブラウンアイシャドウ。

アイシャドウはベージュ〜ブラウンが3、4色程度のセットになったパレットを用意しましょう。

パレットなら簡単に自然なグラデーションが作れて、陰影でナチュラルなデカ目を演出できます。

アイシャドウの塗り方

ナチュラルなアイシャドウの塗り方は、ばっちりメイクと順番が違います。

普通は薄い色から順に塗っていくと思いますが、
ナチュラルに見せたいのなら、濃い色から逆に塗っていくのがポイントです。
要は、暗い色→明るい色の順です。

たとえば三色なら、まず一番暗い締め色を目のキワにアイライン感覚で塗ります。

次に中間色を二重幅に塗り、最後に一番明るい色をアイホール全体に塗ります。

暗→明の順番に塗っていくことで、濃さが強調されすぎず、でもしっかりと陰影はある自然なグラデーションができるというわけです。

わかりやすいように4色の「DHCパーフェクト アイシャドウパレット」を例に挙げて説明していきます。

今回紹介するのは公式サイトで説明されているのとは逆の順番なので、要注意!

dhc
出典;http://www.dhc.co.jp

ブラウン1
出典;http://www.dhc.co.jp

[細チップ]を使用し、Dを目のキワに入れます

ブラウン2
出典;http://www.dhc.co.jp

[小チップ]を使用し、Cを二重の幅を目安にぼかします。

ブラウン3
出典;http://www.dhc.co.jp

[大チップ]を使用し、Bをアイホールにぼかします

ブラウン4
出典;http://www.dhc.co.jp

[大チップ]を使用し、Aをまぶた全体にぼかします。

最後が薄い色なので、肌になじみます。

ナチュラルメイクのポイントはとにかくぼかしてなじませることです。

なじませる
出典;http://allabout.co.jp

色を重ねるごとに丁寧になじませましょう。

アイラインは仕込みの順番を使い分け

普通は締めとして引くアイラインですが、ここも順番に注意!

とにかくナチュラル、でも少しだけ目の印象を強めたい時は、アイシャドウの前にアイライン。

ナチュラルだけど、目元だけはぱっちりとさせたい時は、アイシャドウの後にアイラインです。

自分の目の大きさと仕上げたい印象によって、順番を選んでくださいね。

ナチュラルなデカ目にするには漆黒ではなく、
アイシャドウと同系色のブラウンのアイライナーがおすすめです。

化粧品
出典;http://weheartit.com

アイラインの引き方

リキッドはくっきりとした印象になるので、今回はペンシルでのアイラインの引き方を解説します。

基本的には、上まぶたの輪郭にそって極細に描きます。

目尻に長く引っ張ると「濃い」印象になるので、目尻からはみ出しすぎないような長さにしましょう。

アイライン
出典;http://girlschannel.net

まつ毛が生えているところから目尻少し…くらいのところで、描いた線なのか影なのかがわからないラインが理想的。

意識としては、「ラインを引く」というよりも「まつ毛の影を描く」ぐらいのつもりで描きます。

デカ目テクでよく言われる「まつ毛の隙間を埋めるように描く」というやり方です。

でも、もう少し欲張りたい人はここでもうひとつ小ワザを仕込みましょう!

瞳の上部分にだけもう一度ラインを引くことで、ナチュラルなのにグンと目力がアップします。

閉じめ
出典;http://howcollect.jp

瞳の上だけ足すことで、目の縦幅が広がって、目を大きく感じさせるというわけです♪

まつげは濃さ<カール感

黒々としたマスカラは、どうしてもナチュラルな雰囲気を消してしまいます。

マスカラで濃く太くすることより、本来のまつ毛をしっかりカールするほうに重点を置きましょう。

ビューラー

ビューラーを使うときは、視線を下にし、瞼を軽く持ち上げます。
まつ毛を前に出すようにして、瞼を挟まないように注意!

まつげをビューラーではさみ、ゆっくりとビューラーを持ち上げてください。

小刻みに、何回かに分けて挟んで、まつ毛にカールをつけます。

ここで一度にギュッとしてしまおうとすると、瞼をビューラーで挟んでしまったり、まつ毛が抜けることがあるので焦らずに。


出典;http://girlschannel.net/

ビューラーで上げただけだと下がってきやすいので、透明のマスカラでまつげをコーティングしましょう。

透明なのでナチュラルなのに、まつ毛の存在感が上がります♪

マスカラの選び方

まつ毛が短かったり少なかったりして、やっぱり黒マスカラは絶対外せない!!という人もいると思います。

そんな場合は、ロングタイプのマスカラを選びましょう。

まつ毛を濃く太くするのではなく、長く伸ばすことを意識すると「自まつ毛が長い風」になってナチュラルです。

つける前にしっかりしごいて余分なマスカラ液を落としてから、
1回で決めるつもりで塗っていくのがひじきまつげにならないポイント!

余分についてしまったら、すぐに綿棒でオフ。

まつげエクステか、まつげパーマか?

まつげエクステもまつげパーマも、つけまつげに比べたらとってもナチュラル。

どちらもおすすめですが、どちらかで悩んだ場合、よりナチュラルにしたいならまつ毛パーマを。

まつ毛が上がっているだけでも目の印象が全然違いますし、
エクステのように「本数をつけすぎて逆に不自然になってしまった…」という失敗もありません。

眉毛は断然太め!!

眉毛はやっぱり太めで角度がついていないほうがナチュラルな印象になります。

かつ、ストレートに描くと眉と目の間が狭くなって、デカ目効果が♡

眉頭からぐるっと描いていくと不自然な眉になるので、眉尻から描いていって自然な眉を目指します。

少し描きにくいのですが、順番と使う道具を守れば大丈夫です!

描き方

ペンシルタイプのアイブロウライナーで眉尻から描いていきます。

絶対に眉頭からは描かないように!

眉尻
出典;http://allabout.co.jp

自眉毛の足りない部分を書き足す気持ちで描きます。

眉毛の線を引くというよりも、眉毛を一本ずつ描くつもりで。

次に、先が三角になったブラシを用いてパウダーで描きます。

眉頭をパウダーで仕上げると、「描きました」感が無くなります◎

三角ブラシ
出典;http://allabout.co.jp

パウダーは途中で付け足さず、一気に描きます。

こうすることで、自然に眉頭がほんのりしていることがナチュラル眉の条件です。

ブラシは三角になっているものがとにかく描きやすく、一本持っておくとずっと使えます。

ななめ
出典;http://www.kobako.com

ナチュラルメイクは、単なる薄化粧とは違います!

手を抜くのではなく、手順は減らしつつも手間をかけるところはしっかり丁寧に仕上げることが大切です。

小ワザを駆使して、「薄メイクだけどもとからカワイイんです♡」顔を目指しましょう!

下地を駆使して♡崩れないベースメイクの作り方、徹底ガイド!

2016.03.03

カワイイ顔は余裕で作れる☆デカ目に見せるためのメイクテクニック決定版!

2016.03.02

今どき女子はこれでしょ!ヌーディーメイクで抜け感ある魅惑女子になろう

2015.10.11
 

sponsored link

保存保存

保存保存保存保存保存保存

sponsored link

コメントを残す