【不定期連載】三十路でインビザライン決意!おとなの歯科矯正体験記②〜突撃!セラミックヴァージン〜

ABOUTこの記事をかいた人

sponsored link

これは、「なんかブス」その原因に気づいてしまった三十路の記録ですpart2

こんにちは。
自分の口元のブスさに気付き、現在バリバリ審美歯科通い中のライターの蟹(31)です。

歯並びの重要さ、矯正決意への道のりについては前回記事をご参照くださいませ。

【不定期連載】三十路でインビザライン決意!おとなの歯科矯正体験記①〜運命のクリニック選び〜

2017.10.30

さて、皆さんは歯列矯正にかかる期間ってどのぐらいかご存知でしょうか?

基本は、ポピュラーなワイヤーで歯を動かす矯正で約2年〜3年ぐらい。

わたしが選択したインビザライン(マウスピース型の装置を使用した矯正)でも、1年〜2年ぐらいかかります。


加えて、

・担当してくれる先生の空き状況や自分のスケジュールなどで、毎回短い周期で予約が取れるわけでもない
(インビザライン矯正だと、マウスピースができあがるまでの期間などもあります)

・突発的なハプニング(マウスピースを長時間外さなければいけない事態)が起こるかもしれない

などを考えると、やはり2年弱かかると思っておいたほうがいいかもしれません。

年単位でお世話になるわけですから、クリニックはかなり吟味して選びました!

クリニック選びについては前回の記事でご紹介しています★

問題歯の場合、すぐに矯正に入れるわけではない

さて、前回クリニックを決め、初診で治療計画も立てたわたし。

2回目からはいよいよ治療に入ります。
ですが……早速矯正スタートというわけではありません。

なぜかというと、わたしは他の歯に問題があるため。

・前歯の神経をだいぶ昔に抜いており、これまでは保険適用内のかぶせもので対応してきたけど変色が気になる

・親知らずがある

・古い銀歯がある(銀歯の下が虫歯になりそう)

以上がわたしの治しておきたい&おくべきところ。

これは何もわたしだけに限ったことではなく、
歯列矯正前には「歯を動かしやすい」=「治療がしやすい」ように下準備をする必要があります。

親知らずは基本抜きますし(奥からグイグイ押してくるから矯正するとき邪魔なため)、
虫歯は治しておきます(矯正中は磨き残しがどうしても増えるため虫歯が進行しやすい)。

また、歯並びがぎゅぎゅっと生えて乱れている人だと、動かすスペースを空けるために抜歯したりする必要もあります。

幸いわたしはそこまででもないとのことで、抜歯ナシでOKということになりました。

とは言え、治すべきところ、治しておきたいところがあることには変わりないので、
やはり下準備に時間をかけていきます。

結婚式など、逆算してこの日までに矯正を完了させたい!という予定がある人は、下準備も矯正期間にプラスして考えたほうがいいと思います。

(わたしは最終的に下準備で半年程かかりました。ご参考までに)

最大のコンプレックスから取り掛かる

というわけで、いざ下準備。

わたしの歯がどんな状態からスタートしたか見ていただいたほうが早いと思うので、初診のときに撮った写真をお見せします。

(歯の写真あります。苦手な人は注意!!)

 

汚くてお恥ずかしい…
前歯が見事に変色しております。

あと、下の歯が一本ボコッと出てますね。
これ、昔はそんなことなくて、年を重ねるごとにだんだん前に下がって目立ってきたんです。

(骨が成長したり歯ぐきが下がったりするので、大人になってから歯並びがだんだん悪くなってくる、というのもよくある話。

そういう悩みにも大人の歯科矯正は対応してくれるのである!)

このボコ歯、めっちゃ磨きづらいので矯正で治したいポイントナンバーワンなのですが、
まずは最大のコンプレックスである前歯から治療することに。

どれぐらい気にしていたかというと、
笑うときは前歯が絶対人から見えないような不自然な笑い方をしていたほどです…

客観的に見たら普通に不気味だったと思う。
コンプレックスとは、無駄な部位を器用にする。

はじめてのセラミックデビュー

前歯の治療は、

根管治療(根っこからかぶせものの歯を支える芯の作成)

仮歯をセット

歯型をもとに本歯を作る
(この間にホワイトニング×2回、歯科技工士さんに見てもらって色を合わせたり)

噛み合わせなどを見て微調整

本歯をセット、完了

という流れで行いました。

ここで悩むのが材質選び

いままでかぶせていた保険適用内の材質は「レジン」と呼ばれるもの。
変色しやすいので、目立つ歯だと結構気になります。

また、レジンは前歯に使うには強度が弱いです。
わたしは数回食事中に折ったことがあります…

幸い今まで折れたときにはすぐ歯医者に駆け込めたからいいものの、
もし海外とかにいるときに折れたら、ヌケ作状態で旅行しなければいけないのか…
(英語に自信ないから海外の歯医者に行くという選択肢はない…)

そんな恐怖を抱えたままでいるのはもうイヤ!というのと、

「○年間の保証もあるし、前歯って目立つ部分だしよく使うし、
君も特に気になっているということだから、ここはいい素材にしたほうがいい」

という市原先生の助言により、一番いい「ジルコニアセラミック」で歯を作ってもらうことにしました。
(もちろん強制ではないので、お財布事情に合わせて素材を選んでも問題ありません!)

ちなみに、マインズタワーデンタルクリニックでは何かを選択するとき、
逐一値段を明確に提示してくれます。

特に、この時点では歯の素材一覧表はじっくり考えることができたのでありがたかったです。
セラミックにも色々な種類があるんだな〜。

ちなみにセラミックの相場は歯医者さんによって本当にまちまちで、
一番いいジルコニアセラミックのかぶせものだと、だいたい10万〜20万ぐらいかな?
(場所によっても変わります。)

とはいえ、「セラミックに変えたいけど一本に10万はちょっときつい…」という方もきっといると思います。

そんな方は、ぜひこの記事の最後で紹介するREINE読者様特典を使って予約してみてください♪

タイミングや治したい部位によって変わりますが、相場より安くセラミックに変えれちゃうかも!?♡

根管治療で死んだ歯も丈夫に蘇生!

根管治療と聞いてもピンとこない、という人もいるかと思うので、
矯正とはちょっと離れますが軽くご説明を。


(引用:http://noaidea.me/)

ざっくり言うと、虫歯などが原因で神経をとった歯の根っこをお掃除して、虫歯や炎症が起こらないようにしてから、
キレイになった根っこに詰め物をする治療。

しかし神経を取って歯がもろくなっていたり、
大幅に削って自分の歯がほぼ残っていない状態だと、
支える部分がないのでそのままではかぶせものができません。

そのため、そんな場合はこんな感じで「コア」という土台を作ります。
これをしっかり作成することによって、ガチっとかぶせものがはまるようになり、強度も上がるわけです。

歯の根っこから土台を作るだけなので、人口の歯根を骨に埋めこむインプラントとは異なります。

わたしはいままでもこのコアをはめこんでいたのですが、
保険適用での少し質が落ちる素材だったので、折れやすかった&変色が目立ちやすかったそうです。

上の画像のように長年金属製のコアを埋め込んでいたものの、
やはり変色や折れやすいのが気になってコアだけ変更しにくる人も多いそうですよ。

目立たないところなら安いしいいかもだけど…
やっぱり目立つ前歯は可能な限りキレイにしたいというのがわたしの願い。

というわけで、光に透けてもキレイで、安定度の高いファイバーコアに変えてもらいます!

ちなみに、自費のファイバーコアの相場はだいたい10,000〜20,000円ぐらいです。
マインズタワーデンタルクリニックでは15000円弱でした。

余談ですがコアだけの歯の状態もかなりマヌケです。
漫画に出てくるジャンキーのようになります。
なかなか見ることのできない自分の姿なので一度見ておくとよろし。

(わたしがゲラなのもあるけど、しばらく笑いがおさまらなかった)

わたしはすでに昔に神経を抜いているため、根管治療は痛みゼロ。
麻酔も必要なかったです。

ただ、ドリルみたいなのでコアを削って形を調整するとき、前歯だからダイレクトに振動が来て脳が揺れる。

しかし慣れは恐ろしいもので、治療の後半は半分夢の中に。

いまとなっては、1時間以上の治療のときはほとんど寝ています。
うとうとどころではなく、夢見るレベルの爆睡です。

歯科矯正の話をしていると歯医者って怖くて…という声もよく聞きますが、これだけは言える。

人は何回も同じことをしていると、「慣れる」。から、大丈夫!

しばしの仮歯生活と3日間の巨顔生活

コアを作成したものの、セラミックの本歯を装着できるまでは1ヶ月弱。

その間に別の歯を治療したり、
馴染む色のセラミックにするために、歯科技工士さんに歯の色を見てもらったりします。

やることは山積みなのですが、まずは親知らず抜歯!!!

マインズタワーデンタルクリニックでは、抜歯は専門の先生が担当します。

他の先生方から「超上手いよ〜!」と聞いていたんですが、本当に一瞬で終わったし痛くもなかったです。

あえて言うなら、先生がすんごい笑わせてくる(トーク力が高い)ので、笑いを耐えるのが大変だった。

しかし、下の親知らずの抜歯はかなり腫れますのでお覚悟を。

抜歯後翌日の状態。
こっち→側が通常時の倍プッシュです。

写真だと大したことないように見えるかもしれませんが、
マジで顔のサイズが一回りぐらい大きくなります!!

熱が出たりする人もいるようなので、抜歯は大事な予定がある日の前は避けましょうね。

(わたしは抜歯したその足で推しの舞台に行ったけど、よいこは真似をしないように…)

でも当日はちょい腫れ、2日目がパンパン、3日目にはもう落ち着いてきてるぐらいだったので、
やっぱり抜いてくれた先生が上手いのではと思う…

思わずクリニック方面に感謝の祈り。

個人的には、矯正で抜歯する人は、専門の先生がいるクリニックを選ぶのがベターだと思います!

わたしは親知らず一本だけなのでもはや開き直ってましたが、
何本も歯を抜くってなるとブルーになるし、決して短くも安くもない矯正期間、気持ちの負担は軽いほうがいいからね。

さて、ここからしばしの仮歯生活が始まります。
スムーズに矯正に入れるように、並行して他の歯の治療を進めていきます!

次回は下準備編その②をお送りします★

今回お世話になったクリニック紹介

マインズタワーデンタルクリニック

住所:東京都渋谷区代々木2-1-1-B1F
TEL:03-5352-6480
診療時間:午前10:00-13:30 午後14:30-19:00
休診日:土日・祝

JR・小田急線・京王線 新宿駅南口より徒歩4分
都営大江戸線 新宿駅 マインズタワー地下1階より直通

★REINE読者様限定のお得なキャンペーン★

この記事経由でマインズタワーデンタルクリニックにご予約をしていただいた方限定で、様々な特典をご用意しております♡
(※対象は審美歯科治療のみとなります)

まずはカウンセリングからでも大丈夫です♪
歯科矯正、審美治療をお考えの方は、お気軽に下記フォームからご予約ください♡

★REINE読者様限定★クリニックご予約フォーム

保存保存保存保存保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存保存保存保存保存保存保存

保存保存保存保存

sponsored link

保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存

保存保存保存保存

保存保存

保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存

保存保存

sponsored link