断食ダイエットで体内環境をリセット!三日間で中からキレイに

The following two tabs change content below.

sponsored link

「断食」と聞くとハードなイメージで、かなり気合いを入れないとできない気がしますよね。

もちろん、ただ単に何も飲まず食わずで過ごすのは、
お肌が荒れたり体調を崩したりしてしまうこともあるので、オススメの方法とは言えません。

ですが!正しい「断食ダイエット」の方法を守れば、健康的かつリバウンドせずに痩せることができます。

きちんとしたやり方なら思ったよりハードではなく、むしろ今抱えているカラダの不調もスッキリ!

私も数ヶ月前から月一で行っていますが、
慣れればむしろ快適だし本当にカラダにいいことばかりです!

断食といっても色々なやり方がありますが、私の経験から一番おすすめの方法をご紹介します。

 

基本的な断食ダイエットのルール

期間は1〜3日間、水分のみで過ごす


(http://iemo.jp/)

1日~3日間の短期間、野菜ジュースだけの断食を行うことで、
血糖値や中性脂肪が減少する、とされています。

(出典:http://club.panasonic.jp/)

断食ダイエットでは、野菜や果物のジュース、水、お茶(無加糖&ノンカフェイン)などの液体は摂ってもOK。

私はできるだけ果物由来の糖分だけ摂れるよう、無加糖の100%ジュースを選ぶようにしています。

糖分が多い甘〜いジュースやカフェイン、アルコールはNGです。


(http://weheartit.com/)

3日間行うとより効果的ですが、最初はきつかったり体が慣れなかったりすることも。

最初は無理せず自分の楽な期間で、「きつかったらやめよう」ぐらいの軽い気持ちで。

「本当に無理ならいつでもやめれる」ぐらいのスタンスで臨むのが、断食ダイエットでストレスをためないコツです。

 

断食をはじめる前日にはカラダの前準備を!


(http://weheartit.com/)

急にお腹の中を空にしては、これら消化液の影響でまれに胃を傷つけたり、ムカツキを覚えたりすることがあります。

スムーズに本断食を実行するための準備として、以下のことを実行して下さい。

○昼食は腹八分まで
○夕食は普段の半分の量で、寝る3時間以上前にすませる。
○普段より水分を多めに摂る(これは寝る前でもかまいません)
○お酒は飲まない

(出典:http://allabout.co.jp/)

断食前日は「予備断食日」。
断食中の体調不良を予防するためにも、翌日からの断食に向けて気をつけておく必要があります。

食べ過ぎない&お水をたっぷり摂ることが重要です。

アルコールやたばこも控えたほうがベスト。

三日目は消化のよいものを少しずつ食べてOK


(http://shiori22.exblog.jp/)

プチ断食3日目は、「回復期」といって、昨日何も食べなかった体を、また固形食が食べられる体にゆっくり戻す期間です。

重湯やおかゆなどの体に優しいものを食べましょう!

しかし、回復食を食べるのは、昼食まで☆
夕食からは、またいつものような食事に戻してOKですよ♪

(出典:http://blog.fc2.com/)

三日間の断食ダイエットを行う場合、最終日は固形物解禁デー。

ただし、ここでがっついて高カロリーのものを食べてしまうと、ここまでの努力が水の泡!

痩せるカラダを維持する&体調を整えるためにも、消化によいものを少しずつよく噛んで食べましょう。

おかゆやリゾット、お鍋などあたたかいものでカラダを温めるのがおすすめ。

断食ダイエットでのNG行為

水分をしっかり摂らない


(http://by-s.me/)

断食ダイエット中は、1日1.5~2リットルの水を飲むように心がけましょう。

代謝を高め、体の中にたまった毒素を排出してくれますので、
体がすっきりして断食ダイエットの効果を一層感じることができるでしょう。

(出典:http://interesting-content.net/)

断食だから、少しでも体重を減らしたいからといって水分さえも摂らないのは逆効果。

ジュースを飲んだら同じぐらいの量の水を飲む、など心がけておくようにしましょう。

カラダが冷える場合はお湯やカフェインレスのあたたかいお茶、だし汁などを飲むようにするといいですよ。

 

ダイエット終了後すぐのドカ食い


(http://woman.mynavi.jp/)

断食後に気をつけなければいけないのが、食事です。

食事を断食をする前と同じようなものに戻してしまうと、リバウンドをしてしまう可能性がありますし、臓器への負担も大きくかかり、消化不良を起こしてしまう危険もあります。

(出典:http://finaldiet.net/)

ダイエット後に行ってしまいがちなのが、
「頑張ったんだから、ちょっとぐらいいいよね」
と食べ過ぎてしまうこと。

結果、断食前より体重が増えてあっというまにリバウンドなんてことも…

また、断食後は少量でも満足できるカラダになっているはずなので、食べ過ぎる必要はありません。

しかも、味覚が冴えた状態になっているので、砂糖や調味料なしでも食べ物をおいしく感じることができます。

私の回復食一発目はいつもシナモンをかけただけの焼きバナナ一本なのですが(油やバターは高カロリーなのでグリルで焼く)、
バナナってこんなおいしかったか!?
と毎回感動するほどです(笑)

ごほうびの外食は一旦置いておいて、終了後数日間は「腹八分目」を心がけましょう。

体重にばかり気を取られる


(http://item.rakuten.co.jp/)

断食は体重を減らすものではなく、あくまでも乱れた食生活のリセットを目的にしたもの。

(出典:http://allabout.co.jp/)

断食ダイエットは即体重を落とすのが目的ではなく、
「体内環境を整えて痩せやすいカラダをつくる」ものです。

数字にこだわって思うような結果を出せず、ストレスをためたりしては元も子もありません!

大幅な体重減少を目的にするのではなく、カラダを痩せる方向へブーストしてあげるイメージで行うとよいでしょう。

断食ダイエットの嬉しい効果

運動ナシで余計な脂肪が減らせる


(http://weheartit.com/)

現代は、栄養不足よりも、栄養過剰で体を傷つけている人の方がはるかに多い時代です。

断食をすれば、当然、肥満の解消になります。
そして、肥満によって起きた、体の不調和も改善されていきます。

肥満は、コレステロールを増加させますが、断食によってコレステロールも排出することができます

(出典:http://www.geocities.co.jp/)

脂肪は、今までの食べすぎによってついてしまったものです。

食べ過ぎな食生活を一旦リセットして、カラダに適切な食生活をはじめれば、自然と脂肪も減っていきます。

しかも面倒な運動をしなくていいところが嬉しい!
(そもそも、断食中は激しい運動は禁止されています)

 

体内環境をリセットしてデトックスできる


(http://matome.naver.jp/)

sponsored link

食事をとらずに内臓を休ませる事で、内蔵本来の機能を回復させます。
それによって、溜まってしまった毒素や老廃物を排出することができるのです。

(出典:http://yaplog.jp/puchi-danjiki/)


断食ダイエットを終えるとまず、お通じのスムーズさと排尿の数の多さに驚くと思います。

それは全部カラダがどんどん今まで溜め込んでいた悪いものを排出している証拠です。

お肌がきれいになる


(http://bihada-skin.jugem.jp/)

肌荒れの原因の多くは、胃腸や内蔵の機能低下によるもの。

過食や飲酒、ジャンクフードなどの精製炭水化物が主体の食事は、

胃腸や肝臓、膵臓、腎臓などを働き詰めにさせ、機能を低下させてしまいます。

食を断つことで内臓は休息を与えられ、
また普段消化吸収に費やされているエネルギーが組織の再生に使われるようになるため、機能の回復が望めます。

(出典:http://www.dr-watanabe.nakano.tokyo.jp/) 

お通じで体内の毒素を出すことにより腸内環境もリセットされ、
いままで体内にたまっていた毒素がなくなることで美肌へ導いてくれます。
たとえば、赤ちゃんってお肌がすごくきれいですよね?
あれは内臓が全然汚れてないからなんです。

ちなみに私は、断食ダイエットをはじめてから全然ニキビができなくなりました!

多分前は乱れた食生活で胃腸が弱り、それが肌にもあらわれていたんですね…

 

集中力アップ


(http://motivation-upgrade.com/)

お腹が空く事によって研ぎ澄まされた集中力がUPし、仕事や勉強に集中しやすくなります。

特に、アイデア力などがアップし、いつもなら思いつかないような突拍子もない事が浮かんだりで、
思いがけない賞賛をいただく事になるかも。

ちなみに、私の場合は勝負運がUPし、
何か大事な仕事を頼まれた時や緊張する場も難なくクリア出来たなんて事が多々あります。

(出典:http://dietbook.biz/)

何を隠そう、わたしも断食ダイエット期間中にここの記事を書いたことも何度かありまして…

そう、そんなときは本当にいつもよりすらすら書けるんです!

人のカラダって不思議〜。

最近仕事がうまくいかない、大事なアイディアが出ない、なんて人にも是非試してみてほしいです。

 

忙しいあなたには!ジュースクレンズプログラムもおすすめ


(http://www.miyahaya.com/)

断食ダイエットをしたいけれど、時間を取れない人におすすめしたいのが「ジュースクレンズ」。

クレンズジュース専門のお店でやってみたいプログラムのジュースを買って、
用意された数本のジュースを一日かけて時間ごとに飲んでいくだけ。

持ち運び容器に入れてくれるので、オフィスや学校に行く日でも大丈夫。

ライターおすすめの一店!恵比寿「SUNSHINE JUICE」


(https://kinarino.jp/)

日々の暴飲暴食で食欲のバロメーターが壊れ、
本来必要としている量以上の食べものを食べてしまっている方も多くいるはずです。

そんな自分の体と向き合うために「サンシャインジュースクレンズ」を試してみて下さい。

ある一定の期間固形物を食べない代わりに
サンシャインジュースだけを1日6本飲むことで、
消化器官を休ませながら必要な栄養素を摂取することができるので、
体をリブートさせることができます。

クレンズを通して体の中から浄化して、本来自分の体が求めている「正しい食欲」を取り戻すことができるはずです。

サンシャインジュースでは3種類のクレンズプログラムをご用意しています。

お好みの期間で、お好きなプログラムをチョイスして実施してみてください。
ご自身に合ったプログラムを無理なく選んで実施して、ご自身で体の変化を実感してみてください。

(出典:http://sunshinejuice.jp/cleanse/)


(http://ourage.jp/)

1dayはこんなかわいいテイクアウトクーラーバッグに入れてくれます♡

遠方にはデリバリーも対応しているようです(現在一時休止中)。

サンシャインジュースはクレンズ期間が1day,3day,6dayとあり、
その中でも細かくプログラムが用意されているので、体調に合わせてトライしてみて。

私は月に2回ぐらい、
1dayのRAINBOW CLEANSEプログラム(飲みやすい♡)を行っていますが、とにかく体が軽い!

不摂生な生活をしがちでボロボロな体内もリセットされて、前より疲れにくくなった気がします。

断食ダイエット中に飲みたいおすすめレシピ

市販の野菜ジュースは糖分が高いので、飲み過ぎてしまうと逆効果なことも。

加糖されていないものを探すのもなかなか大変だし、味が好きじゃないと三日間が苦痛…

そんなときは、できるだけ手作りで自分好みのジュースを作りましょう♪

簡単☆シンプルなグリーンスムージー

材料 (コップ一杯分)

ほうれんそう…二束から三束
りんご…半分
水…50㏄

(出典:http://cookpad.com/)

りんごを加えることでほうれん草単体よりも飲みやすくなり、爽やかで朝にぴったりなスムージーに。

どうしても青臭さがちょっと…って人は、はちみつをほんのちょっと加えてみてください。

人参&バナナスムージー

材料 (1人分)

にんじん…1本 バナナ…1本 牛乳…250cc”

(出典:http://cookpad.com/)

まるでスイーツみたい!

バナナを入れると一気に満足度がアップ。
腹持ちも抜群です。

赤パプリカとトマトのレッドスムージー

材料(2人分)

赤パプリカ 1個
完熟トマト 1個
ルビーグレープフルーツ 1個
赤いリンゴ 1/2個
水 200cc

(出典:http://recipe.rakuten.co.jp/)

赤い素材を集めたレッド尽くしなスムージー。

美容にもいい食材だらけで、きれいな赤は飲むだけで女度上がりそう♡

 

実際のところ、意外とハードじゃない断食ダイエット。

「水着になるのに間に合わない!」なんてときにも短期間でできるのでオススメ。

リズムが乱れがちな生活に取り入れて、いつでも体内からキレイになりましょう♡

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です