日焼けでかゆみが出てしまう人必見!アフターケア方法と、おすすめアイテム教えます♡

ABOUTこの記事をかいた人

sponsored link

楽しい夏にどうしてもつきものなのが、強い日差しと紫外線。

夏っぽい小麦肌もカワイイけど、最近は絶対焼きたくない!という美白派の人も多いはず。

また、日焼けをするとどうしてもお肌が荒れてしまうなんて悩みもありますよね。

しっかり日焼け対策してるのに、太陽に当たるとかゆくなってしまうなんてことはありませんか?

せっかくの夏、気にせず美肌で過ごしたいもの。
今回は日焼けによるかゆみの原因と、対策できるおすすめアフターケアアイテムをご紹介します。

どうして肌がかゆくなるの?


(http://corelady.jp/)

かゆみの原因は日焼けによる熱で水分が奪われ、皮膚がカラカラになっているからです。
冬に乾燥しすぎて、肌がかゆくなるのと似ていますね。

日焼けの場合は、そこに軽度の火傷の痛みも加わってくるので非常にやっかい。”

(出典:http://namakenews.com/)

日焼けした肌はうるおい不足でカラカラ。
皮膚の乾燥によるかゆみ&軽度の火傷の痛みが、「いたがゆい」お肌の状態を招いているんです。

では、どうやってそんなお肌を落ち着けたらいいのでしょうか?

日焼けを鎮めるケア方法

とにかく冷やす!


(http://www.vivi.tv/)

海水浴など水辺では、直射日光の他にも水面に反射した日差しで想像以上に肌にダメージを与えています。

海水浴中、もしくは帰宅後に、肌が赤くなる「サンバーン」の状態になってしまったら、冷水のシャワーなどを20分〜30分浴びて、日焼け部分を冷やしましょう。

(出典;http://matome.naver.jp/)


(https://doctors-me.com/)

肌が赤くなるのは皮膚が炎症を起こしているから。
行き過ぎた日焼けは軽い「ヤケド」の状態と同じなんです。

軽いヤケドの時に取る処置といえばとにかく冷やすこと。
これは顔でも同じです。

赤くなってしまったら基本的には軽度のやけどに対するように、冷やしておけば大丈夫。

冷やすときは摩擦を与えないようにやさしく、また肌にしみるようなものは使わないようにしてください。

 

保湿は肌を落ち着けてから!


(http://allabout.co.jp/)

日焼けをしたら、即、美白ケアを行うのはNGです。

肌が軽い火傷状態になっているのが、日焼けのサンバーン。

こういうときは、 いつも使っている化粧水や、美容液が肌にしみたりしませんか?
紫外線により乾燥し、肌のバリア機能は衰え、炎症を起こした肌は、悲鳴を上げています。

美白成分であるビタミンCなどは、肌への刺激があるものもあり、炎症を起こしているときは、使用を避けた方がよいのです。

肌の受け入れ態勢が整ってこそ、美白成分の効果も発揮できるもの。

まずは、炎症が治まってから、美白のお手入れをスタートしましょう

(出典:http://allabout.co.jp/)

 


(http://www.biranger.jp/)

炎症が治まったからといって油断してはいけません!
炎症により水分を失った肌はとても乾燥していて、この乾燥もヒリヒリやかゆみ、果ては肌荒れの原因となります。

赤みが落ち着いたら、化粧水やアフターケア専用のスプレーなどで十分な保湿を行いましょう。
とにかくシンプルに、入念な保湿だけを心がけて。

コットンやフェイスマスクに保湿ローションを滴るぐらいしみこませて、5〜10分そのままお肌に乗せるのがおすすめ。

お肌に密着するので、より成分がお肌に届きやすくなります。

 

体内の水分もしっかり摂って!


(http://corelady.jp/)

日焼けによる肌の乾燥や、水ぶくれなどにより体内の水分は想像以上に減っています。

ポカリスエットなどのスポーツドリンクをメインに、意識的に摂取するようにしましょう。

(出典:http://feb29.org/)

人間の体は密接に繋がっているので、肌が乾燥するとそのぶん体内の水分量は減ってしまいます

そのままにしていると水分不足で倒れたりすることもあるので、日に焼けてしまったと感じたらきっちり水分を摂ってくださいね。

ただし、水ぶくれができてしまうほどの重度の日焼けは話が別。

自力で対処できる問題ではないので、すぐに病院(皮膚科)に行きましょう!

カラダの保湿は…?


(https://www.cosme.net/)

ここまで顔中心でアフターケア方法を紹介してきましたが、気になるのがカラダの保湿。

カラダ中にたくさんコットン貼ったりするのは面倒だし、できればぱぱっとすませたいですよね。

そんなお悩みを叶えるのが次から紹介するお手軽アフターケアアイテム♡

日焼け前も後もすぐに使えて、使いやすくて、全身くまなく使えて、面倒なこと一切ナシ!の一品を厳選してみました♪

日焼け後も美肌をキープ!アフターケアアイテム6選

ニールズヤードレメディーズ カモミール&アロエベラアフターサンスプレー 50ml ¥1,944

(http://www.cosme.net/)

肌に心地いい、ラベンダー配合のアロエジェルスプレー。
紫外線を浴びて乾燥しやすい肌にすっとなじみ、肌荒れを防ぐカモミールやセイヨウイラクサ葉(ネトル)エキスが健やかな状態に整えます。

外で思いっきり遊んだ後のお子様の肌も、植物成分が優しく潤して、健やかさをもたらします。

(出典:https://www.nealsyard.co.jp/)

日焼け後の火照ったお肌を鎮静化してくれるスプレー。
保湿効果もばっちりで、ぷるぷるのお肌を保ってくれます。

心地よいカモミールの香りは一日太陽の下で遊んだあとのリラックスタイムにもぴったり。

オーガニック成分で優しく頭皮にも使えるので、全身くまなくケアできます。

サイズも持ち運びにちょうどいいので、強い紫外線を浴びそうな日は必ずバッグにin。

サンタベルデ アロエベラ ピュアボディジェル 100ml ¥2,700


(http://www.zutto.co.jp/)

90%以上がお肌に潤いを与えるアロエヴェラジュースを主成分としたジェルです。
どんな季節にもお肌にハリと潤いを与えてくれます。

乾燥対策だけでなく、日焼け後のお手入れにもおすすめです。

(出典:http://www.eccobene.com/)

主成分に水を一切使用せず、かわりにアロエヴェラ液を配合した贅沢なジェル!

日焼け後の体に塗り込むだけの手軽さも魅力です。

伸びのいいジェルがさっとなじんで爽快、ひんやりした感触もとっても気持ちいいですよ。

資生堂 パーフェクト UVプロテクション N SPF50・PA++++ 50ml ¥4,500


(http://news.livedoor.com/)

SHISEIDOから新発想の日焼け止めが登場。

水や汗を感知すると紫外線防御膜が強化される、世界初の技術 「ウェットフォース」が採用された、“360°プロテクト”を実現する一品。

耐水性に優れているので、プールや海に入っているときや、汗をかきやすいスポーツ時にもおすすめ。

(出典:http://www.vogue.co.jp/)

いっそ強力な日焼け止めで、完璧に紫外線を防御する方向性でいくのもアリ!
そうすればかゆみが出ることも少ないです。

こちらの日焼け止めは水や汗に反応して強くなるというスゴすぎる一品。

私は今年の日焼け止めはこれ一本で乗り切ろうと思ってるぐらい惚れ込んでます。

濡れたら落ちるんじゃなくて、濡れるほどパワフルなUV効果を発揮。
つまり、面倒な塗り直しも不要!

さすがの資生堂プロダクツ、スキンケア成分もしっかり配合されているので乾燥することもありませんよ。

ヴェレダ スキンフード 75mL ¥2,400(税抜)


(http://organic.mocas.biz/)

肌荒れしやすい手肌に潤いとなめらかさを与え、ふっくらやわらかく整える全身用集中保湿クリーム。

ハーブの濃縮エキスが肌を乾燥からしっかり守ってじっくりケアします。

手や肘、かかとなど、特に荒れてひび割れしやすい部分のケアにおすすめです。

(出典:http://www.weleda.jp/)

日焼けで乾燥しちゃった…なんて日は、寝る前にもしっかり保湿を。

ぜひ試してみてほしいのが、このスキンフードを乳液やクリーム的にケアの最後に使うこと。

ハーブの消炎効果&高い保湿力で、朝起きると日焼けによる赤みや乾燥がすっかりおさまっています!

虫刺されなどにも効果がある(ちょっとしたものならすぐにどこを刺されたかわからなくなるぐらい!)ので、夏場に一本あると万能なクリームです。

 

アベンヌ AVENE サンアフターローション 400ml ¥2,690


(http://www.oquini.com/)

アベンヌ温泉水にビタミン(A, B5, C, E, F)をたっぷり配合されたアフターサンケアローションです。
エマルジョンタイプのとろっとしたローションは、日焼してほてったお肌をクールダウンしてケアしてくれます。
保湿成分も配合されて、日焼け後の乾燥しやすいお肌をしっとり保湿。

(出典:http://store.shopping.yahoo.co.jp/)

すごい商品はやっぱりちょっとお高いし、できれば慣れ親しんだものを使いたい…
そんなあなたにはこちら!

ミスト化粧水として有名なアベンヌウォーターからも、日焼け後のケアアイテムが出てますよ♡

通常のアベンヌと違って、日焼け用の保湿効果がたっぷりと配合されています。
使い心地は従来のアベンヌと同じなので、お肌にぐんぐん水分が浸透していくのを感じるはず!

400mlと大容量なのでコスパも良し!気兼ねなくばしゃばしゃ使えます。

冒険できない女子でも日焼け後のアフターケアが安心してできる一品です。

ヘリオケア 飲む日焼け止め 30錠 ¥ 6,900

(http://www.onishiskinclinic.com/)

アトピー性皮膚炎、乾癬、白斑の治療に対して25年間以上前から伝統的に使用されていた”熱帯のシダ植物”を商品化したのが「ヘリオケア」です。

中央アメリカに生息するシダ植物の一種の抽出物でつくられたエキスを経口服用すると、紫外線防御効果が得られる。
また、皮膚癌の防止、抗炎症作用、日焼けによる赤み、皮膚のダメージが軽減されると言われています。

(出典:http://by-s.me/)

イベントの多い夏は、いつでもアームカバーや大きな帽子で完全ガードできるわけではありません。

肌を出したいけど日焼けのダメージが怖い…なんて日は、飲む日焼け止めでサポートしてみましょう。

体内で紫外線が悪さをするのをブロックしてくれるので、皮膚のかゆみや肌荒れがいつもより軽減。
飲んでいると少し色が白くなってきた気がします。

もちろん外からの紫外線を完全にシャットアウトしてくれるわけではないので、塗る日焼け止めと併用して使ってくださいね。

 

コスパ重視の人はアフターケアスプレーを自作


(https://locari.jp/)

一夏しか使わないから安くすませたい!
自分好みのアフターケアスプレーを安く作りたい!
なんて人には自作もおすすめ。

実はアフターケアスプレーは、少ない材料で簡単にできちゃうんです。

用意する材料はたったの4つ!

★精製水orミネラルウォーター
★好きな香りのエッセンシャルオイル
★エタノール5ml
★スプレー容器

の4つを用意。
エタノールは薬局で買えます。

材料選びの際は以下の点に気をつけてください。

・天然100%のエッセンシャルオイルを選ぶこと。
人工香料やアルコールなど不純物が混ざったオイルは皮膚刺激が強いので間違えないように!

・柑橘系の精油は光毒性があるものがあり、紫外線にあたると逆にシミになったりするので避けたほうが無難。

・容器はオイルで溶けないポリエチレン製のプラスチック、またはガラス製を選ぶ。

オイル選びに自信のない方は、専門のショップで聞いてみるのが◯。
ショップなら実際に香りも嗅げるので、お気に入りの香りのスプレーをつくることができます♪

アフターケアスプレーの作り方


(https://co-trip.jp/)

1.
エタノール5mlとエッセンシャルオイル(5〜10滴)を混ぜ合わせる。

2.
1をスプレー容器に入れ、フタをしっかり閉めてからよく振る。

3.
2に精製水を45ml加える。再度フタをしっかり閉め、よく振る。

4.
しっかり混ざったら完成★

必ずカラダの目立たない場所でパッチテストをしてから使いましょう!

気分を変えたいときのルームスプレー的にも使えます♡

(http://weheartit.com/)

日焼けの肌荒れはイヤだけど、夏だけの特別なケアだと思うとなんだか楽しくなってきませんか?

きちんとケアをしていれば、夏が終わる頃には一人勝ち状態の美肌かも☆

sponsored link

保存保存保存保存保存保存

保存保存

保存保存

sponsored link

コメントを残す