そのかゆみ、ストレスが原因かも。わたしの実体験から対処法を教えます!

The following two tabs change content below.

sponsored link

最近、なんとなく全身がかゆい…

もちろんちゃんとお風呂に入ってるし、思い当たるアレルギーもないし、乾燥もしてないはず。

前はこんなことなかったのになんで!?と悩んでいませんか?

そんな原因の見当たらないお肌のかゆみは、「ストレス」が原因かもしれません。

かゆみって地味にダメージがたまるし、一刻も早く解放されたいですよね。

今回はそんなあなたのために、体験したからこそわかる対処法をお教えします!

 

かゆみが悪化するとマジでつらい!〜体験談からの症状解説〜

かゆみストーリーは突然に…はじまりは二の腕から


(http://medical.yahoo.co.jp/)

まず最初に、実はわたしもこの「ストレスかゆみ」経験者です。

特にアレルギーもなく、どんなボディクリームなどでも荒れたことはないぐらい肌は強いほうだと自覚していました。

ところがある時期、なんか腕がかゆいな…と思ったら数日後には腕の関節がただれたみたいに真っ赤に!

 

とりあえずその場しのぎを試みるも、初戦ボロボロに敗北


(http://weheartit.com/)

この肌荒れとかゆみは、お肌には気を使っていた自分にとってものすごくショックでした。

数年前に受けたアレルギー検査では何もひっかからなかったし、
アレルギーになりそうなものも食べてないし。

ほんのちょっと健康的な食生活を心がけてみたり、
オーガニックのボディローションを買ってみたりしたものの特に改善せず。

オーガニックコスメが肌に優しいと感じて使用する方もいますが、一概に低刺激であるとは言えません。

オーガニックコスメは低刺激なイメージがありますが、化粧品に対して肌が反応しやすい人こそ「エッセンシャルオイル(精油)」の種類によっては肌に合わないこともあります。

(出典:http://hadalove.jp/)

わたしもオーガニックコスメ大好き!ですが、やはり医薬品ではないのでかゆみまでは対応できません。

いまいちはっきりしない原因でお肌が荒れているときは、避けたほうがいいこともあるみたいです。

 

とうとう太ももまで浸食!思考もどんどん暗くなる


(http://weheartit.com/)

そのうち治るだろうと思ってごまかしつつの生活が続いていたんですが、
むしろ悪化して今度は太ももの表面まで真っ赤に…

当時仕事的にショーパンが履けなかったのでデニムで隠してみるも、搔き壊したところがすれて死ぬほど痛い。

常にどこかしらがかゆいというのは、誇張抜きで地獄のような生活です。

比例して荒んでいく精神状態。

仕事から帰ってきて散らかった部屋は北○の拳の世界のように見えてきます。

「わたしが何をしたって言うんだ…」と枕を濡らす毎夜。


(http://weheartit.com/)

もう人生やめようかな…ぐらいまで追いつめられました。
非常にやばい傾向です。

広まり続けるかゆみの原因について本気出して考えてみた


手の関節→太ももと来て、とうとう首まで搔き壊すほどのかゆみが出てきました。

ここまで来るともう発狂寸前です。

耐えきれず職場から近い美容皮膚科に半泣きで駆け込む私。


(http://weheartit.com/)

↑美容皮膚科の受付に辿り着いたときのイメージ図。

で、いざ診察してもらうと…
「最近、環境変わるようなことあったりした?」と先生の一言。

それであっ!と思い出したんですけど、実はわたしこの時期、転職したばっかりだったんですよね…

仕事はやりがいもあったし、人間関係にも恵まれた職場だったのでめちゃくちゃ楽しくやってたはずなんですが…

先生曰く、「新しい環境ってそれなりに気使うから、それがストレスでかゆくなっちゃったのかもね」とのこと。

気付かないもんなんだなー。
とてものんきに暮らしてる気持ちでいた。

お肌より鈍感なわたしのメンタルって一体。

 

ストレスの自覚がなかっただけにちょっと戸惑う

現に職場に慣れてきてからは一切かゆみが出なくなりました。

いま、謎のかゆみで泣いている女子がいたら、最近の自分に新しい環境の変化はなかったか考えてみるといいかもしれません。


(http://womantype.jp/)

転職以外にも就職、異動、引っ越し、クラス替え(もはや懐かしい単語)、などなど、
些細な変化に思えるようなことでもストレスでかゆくなる人はよくいるそうですよ。

アトピー性皮膚炎でない健常な人でも、会社のストレスや新しい環境での緊張によるストレスなどで、体がかゆくなることがあります。

(出典:http://arerugi.jp/)

精神的なものは目に見えないぶん自覚しづらく、知らず知らずたまっているストレスには気付きにくいものです。

あんまりがんばりすぎず、自分の心の声にも耳を傾けてあげてくださいね。

 

今でもたまに出ます。そしてかゆくなりやすい場所を突き止める


(http://solacolor.com/)

最近も仕事がやたら忙しかったときに手首の内側が眠れないぐらいかゆくなったんですが、症状が見事にストレスで出たときと同じものでした。

前回から思ってたんですが、
二の腕とか太ももとか首とか、身体の関節とか手首の内側とか、皮膚がやわらかいところがかゆくなりやすいみたいですね。

いわゆるじんましんの出やすいところと同じです。


(http://antivirus-life.com/)

比較的腕や太ももなど柔らかいところを中心にでます。
血流が良くなってしまうと全身に広がります。

(出典:http://chiebukuro.yahoo.co.jp/)

最近出たときもちょっと忙しいな〜ってぐらいで、特にストレスは感じていなかったはずなんですけどね…

前向きに考えればかゆみがストレスや疲れを教えてくれてるってことなんでしょうか。

とは言え、いつまでもかゆいままでいたくはありません!

根本的な原因を知ることと対策が必要です。

 

なんでストレスで急にかゆくなるの?


(http://weheartit.com/)

精神的なストレスと肉体的なかゆさって一見関係ないように思えるけど…

実は密接な関係にあるんです。

 

胃腸が悪くなる→免疫力が落ちる


(http://tierin.net/)

ストレスがたまるとついつい暴飲暴食をしがち。
しかも、下痢になったり便秘になったりとお通じもうまくいきません。

結果、胃腸が重大なダメージを受けているんです!

腸の調子が悪くなると免疫力が低下します。

免疫細胞の6割は腸の周辺にあると言われていますが、腸の調子が悪くなると免疫細胞に悪影響を及ぼしてしまうんです。

すると、外部からの刺激に対して弱くなってしまうので、ちょっとしたことでかゆみを感じるようになることがあります。

(出典:http://byokisirazu.info/)

胃腸は最もストレスの影響を受けやすいところ。

緊張しておなかが痛くなったり、忙しい時期に便秘になったりするのもストレスによるものです。

そして、お通じの調子がいいとお肌もキレイになるように、胃腸の調子とお肌の調子にも密接なつながりがあります。

ストレス状態が続くと胃腸が弱ってしまい、結果、かゆくなりやすいお肌になってしまうというわけです。

 

自律神経の働きがにぶる


(http://googirl.jp/)

ストレス性の湿疹には自律神経が大きく関係しています。

自律神経には日中など活動している時に働く交感神経と、眠っていたりリラックスしている時に働く副交感神経とがあり、このバランスを保つことが重要なのですが、

ストレスや睡眠(睡眠時間や睡眠の質)不規則な生活などで自律神経は簡単に狂ってしまい、いろいろな症状を引き起こしやすくなるのです。

(出典:http://thechange.jp/)

自律神経の乱れによって起こる困った症状は色々ありますが、かゆみによる湿疹もその一つです。

ストレスによって自律神経に誤作動が起こり、アレルギーの原因物質であるヒスタミンが分泌され、かゆみが出ることもあるのです。

ほっておくとかゆみどころか吐き気や憂鬱感、過呼吸などを引き起こすことも。

 

じゃあこのかゆみをなくすにはどうしたらいいの?

まずは大元のストレスを解消する


(http://see-holiday.com/)

やっぱり何はともあれ、思い当たるストレスから解決していきたいもの。

でもストレスの原因がわからなかったり、すぐにその原因をどうにかするのが難しいことのほうが多いですよね。

そんなときは、できるだけストレスを軽減できるような生活を。

かゆみの原因がストレスからくる自律神経の乱れであった場合には、根本のストレスを軽減する必要があります。

自分に合ったストレスケアの方法を取り入れ、少しでも軽減することを目指しましょう。

自律神経のバランスは生活習慣を見直すことで、ある程度改善が可能です

(出典:http://medicil.jp/)


(http://googirl.jp/)

何か自分にとってのストレス発散ができる時間を作るようにすることが大事。

大それた趣味がなくても、お気に入りのカフェを回ってぼーっとしてみたり、ひとりでカラオケに行ってみたり、そんなものでいいのです。

そして夜は自分をリラックスさせてあげることに努め、遅くなりすぎない時間にぐっすりと眠れるようにしましょう。

精神的に健康な生活を送っていると、乱れてしまった自律神経もだんだんもとに戻ってきます。

 

内側からストレスに対抗できる身体を作る

自律神経だけでなく、ストレスで弱ってしまった胃腸も少しずつ立て直していきましょう。

いままでの暴飲暴食はもちろん中止!


(http://eminews.jp/)

お勧めは和食です。魚と根菜類・きのこ・海藻・緑黄色野菜です。
卵・肉・乳製品(ヨーグルトを除く)・揚げ物などは調子が悪いときや疲れたとき・連続して食べるときは要注意です。
納豆・ミソ・漬物・発酵食品などもいいです。

(出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/)

肉やチーズにはかゆくなりやすい成分が含まれているので、不安なときは避けたほうがいいかも。

ですが、大切なのはストレスに強い健康な胃腸とカラダを作ること。

暴飲暴食をせず、献立の栄養バランスが保たれているのなら、あまり食材を気にしすぎず、食事を楽しんでください。

気にしすぎて好きなものをずっと我慢するのもストレスですからね。

 

薬を有効に使おう!美容皮膚科に行ってみる


(http://weheartit.com/)

薬はかゆみを一時的に抑えることはできますが、効果がなくなってしまうとまたかゆくなります。

薬ではかゆみの根本原因であるストレスを解消することができないので、効果がなくなったらすぐにかゆくなってしまうのです。

(出典:http://byokisirazu.info/)

とは言われておりますが…
ストレスが解消されるのがいつなのかは人それぞれです。

つまりストレスが解消されるまでのあいだは、かゆみと付き合わなきゃいけないわけです。

そんなのイヤですよね!?
むしろかゆみで余計にストレスためそうだし。

 


(http://www.mg-clinic.com/)

そこで提案するのは、ストレス治療の補助的なものとして美容皮膚科に通うこと。

現にわたしも、治るまでは…と美容皮膚科に通いました。

でもわたしにとってのそのときの最大のストレスはもはや仕事よりかゆいことになっていたようで、美容皮膚科のお薬でかゆみをおさえていると、それにあわせて一気に治ってしまいました。
それはそれで結果オーライです。

 

おすすめの美容皮膚科クリニック紹介

なぜ皮膚科ではなく美容皮膚科なのかというと…

女子なら誰でも、搔き壊してボロボロの部分になってしまったところを「キレイに治るのかな」って不安に思うはずですよね。

美容皮膚科の先生は美肌のエキスパートなので、そんな要望にバッチリ応えてくれるのです。

わたしのおすすめクリニックはこちら。

青山ヒフ科クリニック


(http://ca-media.jp/)

待合室もこんなにキレイでおしゃれ!

モデルや芸能人も通っているそうです。

青山ヒフ科クリニックは、肌トラブルを治すだけではなく、トラブルになりにくい健康で美しい肌をつくるために、幅広いケアを行っています。

肌のトラブルに悩まされない、いつまでも美しい肌を手に入れるためには、単に治療をするだけでは不十分です。

肌トラブルを再び起こさないためのスキンケアや、肌トラブルの原因となるストレスを解消することも大切なのです。

患者様の肌だけでなく、心も診るクリニック、それが青山ヒフ科クリニックです。

(出典:http://aoyamahihuka.com/)

 

e6cba140f84e3d6d2f9e91b7dcc163f0.dat<何を隠そう、体験記の中でわたしが最初に飛び込んだお医者さんがこちらです。(筆者)

それからもうかれこれ3年近くお世話になっています。

親身になってくれるのに長引かない、院長の亀山先生の診察も忙しいときにとってもありがたいです。

かゆみ止め以外にもビタミン系のお薬を出したりしてくれます。

 


(http://blogs.mensclub.jp/)

最初の診察のときにすすめられたビタミン注射は、いまもお肌のために月1で続けてます!

 

色々その人の悩みに合わせて親身になって処方してくれるので、
深刻に悩んでいて行ける人はぜひ行ってみてください。

遠方の人でも、一部のオリジナル外用剤やクリニック考案の化粧水などは通販もできるみたいです。

クリニック考案の化粧水についてはこちらの記事でもご紹介しています↓

★青山ヒフ科クリニック★
住所:〒107-0061 東京都港区北青山3-12-9 花茂ビル3F
TEL:03-3499-1214 (完全予約制)
診療時間:11:00~20:00(土曜~19:00)
休診日:木曜日・日曜日・祝日
公式HP

 

どうしてもつらいときは冷やしてみて!


(http://www.pubduvillage.com/)

お薬を処方してもらうとある程度かゆみはおさまりますが、それでも急にかゆくなってつらいときはあります。

わたしの体感だと横になったときやお風呂上がりなど、体温が上がっているときにかゆくなりやすいです。

かゆくて眠れないと余計ストレスになるし、掻くとお肌がボロボロになって余計かゆくなるし…


(http://www.elizabethgaskellhouse.org/)

そんなときにおすすめなのは「冷やす」こと!

痒くなってきたときの対策は、
痒いところに保冷剤を当てて冷やすことです。
徐々に痒みがおさまってきます。
一時的なものですが、ある程度効果が期待出来ますよ。

(出典:http://uruoibihada.info/)

ただし、保冷剤を直で当てたり、氷を入れた袋を直で当てるのはNG。

冷やしすぎるとそれが刺激になってかゆくなってきます。


(http://www.kyowa-kirin.co.jp/)

氷は氷のうを用意したり、保冷剤はタオルなどにくるんで優しく冷やしましょう。


(http://item.rakuten.co.jp/)

わたしは職場や出先では冷えたペットボトルをガーゼタオルにくるんだものを、かゆく感じるところに当てたりしてました。

ひんやりしたガーゼの感触でリフレッシュできるし、タオル越しならお肌の負担を軽減できますよ。

 


(http://w.grapps.me/)

なんだかんだ毎日忙しくてたくさんの人間関係もあるイマドキ女子は、
知らず知らずのうちにストレスをためこんでいるもの。

せっかくがんばってる女子たちには早くかゆみのツラさから解放されて、
ハッピーな毎日を送ってほしいと思ってこの記事を書きました。

いま悩んでいるあなたのお肌が早くきれいになりますように。

保存保存

保存保存

sponsored link

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

sponsored link

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です